グーグル検索順位に変動。ペンギンアップデートを実施か?

今度はペンギンアップデートがあったようです。

昨日、グーグル検索順位に大きな変動があったと、複数の筋からの情報がありました。

グーグルからの正式発表はまだのようですが、先日のパンダアップデートに続き、10月中旬に行われるとされてきたペンギンアップデート3.0が実施されたようです。

グーグル検索順位

ペンギンアップデートとは、グーグル検索順位から、SEO対策スパムを行っているとみなされるサイトを追い出す目的で行われるグーグル検索アルゴリズム(カンタンに言うと検索順位のランキング付けを行うプログラム)の変更のことです。

先日のパンダアップデートは、「サイトの品質の良し悪し」に焦点が当てられていました。

▼「グーグル検索順位が好結果。ワードプレスは最強のSEOツール」

今回のペンギンアップデートは、「SEO対策スパム」に焦点が当てられています。

グーグルの品質ガイドラインの中で以下の項目が該当すると思われます。

・不正なリダイレクト

・リンクプログラム

・クローキング

・隠しテキストと隠しリンク

・誘導ページ

・キーワードの乱用

・悪意のある動作を伴うページの作成

・コメントスパム

これらの詳細は、是非、グーグルの品質ガイドラインをご参照下さい。

グーグル検索順位に明暗。ブラックハットSEOは今すぐ廃止を。

サイトを多くの人に見てもらう為には、検索エンジン上位表示対策(SEO対策)が必要なことはグーグルも認めています。

ところが、上位表示対策に固執するあまり、検索エンジンスパムと言われる手法が、これまで主流を占めていました。

特に、大量の被リンク獲得がスパムと認識されるに至ったのはグーグルの自衛策でもあります。

グーグル自身が被リンクを「サイトへの支持獲得」とみなして、人気のあるサイトということで上位表示をしてきた歴史があります。

それを逆手にとって、大量の被リンクを供給することで質の悪いサイトでも上位表示させたり、上位表示のために検索ロボットに認識させるページと、人間に見せるページを分けたりといった、過剰な対策をするサイトが増え、ユーザーに好ましくないサイトが上位に表示されるという検索エンジンにとってのサービスの質の低下が問題になってきた為に自衛策が必要になったのです。

検索エンジンスパムにあたるSEO対策のことをブラックハットSEOと呼び、正当なSEO対策をホワイトハットSEOと呼びますが、ブラックハットSEOの最たるものが大量のサテライトサイトを使った自作自演の被リンクの獲得になります。

私自身もサテライトサイトをバイトを使って大量に制作したりして、メインサイトへの被リンク供給を行ってきました。

そこから2014年に入ってワードプレスを活用したホワイトハットSEOの考え方に切り替えたのですが、昨日のペンギンアップデートで見事に明暗が分かれました。

サテライトサイトを使ってSEOを行い、長年に渡り、検索1位をずっととってきたサイトが、今回大幅なランキングダウンという憂き目にあったのです。

このサイトは、htmlで記述した、いわゆる普通のホームページです。

それに対して、ワードプレスを導入したサイトのグーグル検索順位に変動は見られませんでした。

通常のhtmlで記述したサイトでも、ブラックハットSEOを辞めたサイト、行っていないサイトでは検索順位に変動はありませんでした。

ホワイトハットSEO

やはり、ワードプレスを使ったホワイトハットSEOは最強のようです。

被リンク自体はいまだ有効のようですが、被リンク元のサイトが問題になります。

それから大量の被リンクはむしろ逆効果になっています。

サイトの品質を上げた上で、多少の被リンク供給が効果的です。

いまだにSEO対策サービスの問い合わせに、「被リンクはどれぐらいのペースでつけてもらえますか?」という質問があったりしますが、大量の被リンク供給は、今後ますます危険になります。

自作自演のサテライトサイトを使ったブラックハットSEOは、今すぐ辞めにしましょう!

ワードプレスホームページでコツコツと記事投稿を継続する。

それが遠いようで上位表示への最も近道です。

今朝の朝ドラでもスコットランド人のエリーが言ってました。

「千里の道も一歩から」

朝どら観てない人にはなんのこっちゃでしょうね(> <)

 

脱サラ起業で失敗する人の共通点

 

グーグル検索順位が好結果。ワードプレスは最強のSEOツール。

最近、あなたのサイトのグーグル検索順位に変動はありませんか?

というのは、グーグルがパンダアップデートを行ったと発表した為です。

グーグル検索順位|パンダアップデート

米Google、新しいパンダアップデートの導入発表(2014年9月26日)

米Google は2014年9月26日、パンダアップデートを開始した。同社英国法人のPierre Far氏(Webmaster Trends Analyst)が Google+ への投稿で明らかにした。来週には完全にアップデートが完了する。

今年3月の予告通り、コンテンツ品質をより適切に判断するための新しいシグナル(手がかり)を追加することで、優れたコンテンツを保有しつつも従来は評価されづらかった可能性がある、中小規模のサイトが恩恵を受ける可能性があると述べている。今回のアップデートによる検索への影響は地域や言語によるが、おおよそ3%から5%。(ASCII.jpより引用)

パンダアップデートとは、グーグル検索順位から、質の悪いサイトを追い出す目的で行われるグーグル検索アルゴリズム(カンタンに言うと検索順位のランキング付けを行うプログラム)の変更のことです。

品質がいいか、悪いか、白黒ハッキリつけるという意味でパンダアップデートと呼ぶようです。

グーグルによるパンダアップデートの対象になる品質の悪いサイトの判断は、以下の通りと明確にされています。

・自動的に生成されたコンテンツ

・誘導ページ

・無断複製されたコンテンツ

・アフィリエイトプログラム

これら品質の悪いサイトの詳細は、グーグルの品質に関するガイドラインをご参照下さい。

要はホームページ自動生成ソフトウェアなどを使わずに、コンテンツの無断複製などせずに、コツコツとオリジナル記事を書くことが品質の良いサイトと判断されるということになります。

「無断複製されたコンテンツ」のサイトとは、最近まだまだ見かける、いわゆるまとめサイトの事になります。

オリジナル記事を真面目にコツコツと投稿しているサイトから、引用した記事ばかりで構成されるまとめサイトの方が、検索上位に来ていたりした、これまでのグーグルアルゴリズムを変更することで、オリジナル記事のサイトを優遇しようとするのがグーグルパンダアップデートの意図です。

まとめサイトよりオリジナルサイトを上位にする。

そうでなければ、グーグルの検索自体に疑義が出る為に行われるわけで、言わば、ユーザーに役に立つ情報が掲載された真面目なサイトが勝つ時代に、どんどんなっているのです。

ところで、グーグルが指摘している品質の悪いサイトの中で、気になるのがアフィリエイトプログラム。

これだけ聞くとアフィリエイトサイトは総じて品質の評価が低いのかと思ってしまいますが、そうではありません。

グーグルが指摘する質の悪いアフィリエイトプログラムのサイトとは、「アフィリエイト広告だけをベタベタ貼り付けただけのサイト」の事になります。

アフィリエイト広告の宣伝を行う上で広告主が用意している広告のタイトルや説明文を羅列しただけのサイトの事です。

テレビのCMもカットする人が多いように、ユーザーにとって役に立つコンテンツがまるでない広告だらけのサイトは、アクセスするユーザーにとっては迷惑なだけのサイトなので、グーグルも検索上位から締め出そうとしているわけです。

アフィリエイトプログラムでもしっかりとコンテンツを充実させるコンテンツアフィリエイトのサイトが検索順位を上げる為の最適な方法です。

グーグル検索順位

グーグル検索順位が逆に上昇。やっぱりワードプレスは最適なSEOツール

先の記事で、「来週には完全にアップデートが完了する。」としていますが、既に時が過ぎ、アップデートが完了していると思われます。

そこで私が運営する複数のサイトがどうなっているのか確認をしたところ、逆に順位が軒並み上昇していました。

グーグル検索順位に一喜一憂する日々からの開放で、2014年5月に立ち上げたサイトが狙っていたキーワードで圏外に飛ばされ、がっかりするもロングテールキーワードからのアクセス流入が支えになっているという記事を書きました。

このサイト、実は今回のパンダアップデートで、一気に2位にジャンプアップしていたのです。

月間6000件~8000件ほど検索されているキーワードで2位まで来ましたので、アクセスも一気に増えました。

グーグル検索順位に一喜一憂をしないと言いながら、やっぱりこれはものすごく嬉しいですね。

いまだに被リンク数にこだわっている人もおられますが、このサイトへの被リンクは2~3個だけ。

サテライトサイトからの被リンク供給は全く行っていません。

内部キーワード対策をしっかりと行い、とにかく記事をアップしてページ数を増やしただけ。

ホームページはもちろんワードプレスで制作しています。

こうなるとワードプレスは最強のSEOツールと言えるかもしれません。

グーグルの検索エンジンはますます進化し、パンダアップデートも頻繁に行われ、今後ますます、こうしたコンテンツSEOの重要性が高まることと思います。

今すぐワードプレスホームページで、いわゆるワードプレスSEOを実践しましょう!
 

英語ホームページ制作で早速集客効果を発揮!

最近、英語ホームページを制作しました。

アメリカやカナダなど北米に宇治茶を販売したいというクライアントの要望で制作したものです。

英語への翻訳は専門の翻訳家に外注の上、ホームページ制作を行いました。

お茶の販売ですので、ネットショップになりますが、海外への販売ということを考慮して、カートや決済はペイパル(paypal)を提案、制作しました。

ペイパル(paypal)は元々、アメリカ生まれの決済サービスですので、もちろん英語対応。

というか、もともと英語のサービスです。

英語対応カートならペイパル(paypal)を使うべきです。

その他のオプション

英語ホームページ制作に最適な決済方法

以前に私自身がネットショップを運営する際に、いろいろなカートやクレジット決済システムを調べたことがあります。

ペイパル(paypal)は基本料金無料で手数料3.6%+40円(国内、海外だと3.9%)で使うことができ、カートもクレジット決済も提供できるので、安くて便利です。

ペイパルアカウントから自分の口座へお金を引き出す際には、手数料250円がかかります。

トータルで考えても非常に格安料金でカートやクレジット決済の導入が図れます。

カートを導入する上に、クレジット決済を導入すると二重の基本料金や手数料がかかりますからね。

私自身のサイトではクレジット決済のみで活用していますが、海外販売だと安価にカートやクレジット決済が導入できるペイパルは便利です。

http://majikomi.com/orderform/

弱点は現金決済ができないところですが、北米マーケットなので現金決済は不要と判断しました。

北米では、小切手やクレジット決済が主流の為です。

日本人相手の本格ネットショップだと現金振込み、クレジットカード決済、コンビニ決済など多種多様の決済方法が必要かもしれませんね。

英語ホームページ制作

英語ホームページの集客手段

英語圏のマーケットへのアプローチ方法は、今のところグーグルアドワーズ広告やフェイスブック広告が有効です。

グーグルは全世界に進出していますし、フェイスブックも世界中にユーザーがいます。

そのため、地域を限定して広告を出すことが可能です。

グーグルはキーワード広告になりますが、フェイスブックでは男女や年齢などより細かいセグメントでの広告出稿が可能です。

私のクライアントもアドワーズ広告から、いきなり売り上げが上がって喜んで頂けました。

うれしいことにさっそく売り上げが上がりました。カナダの方で\5,000-の抹茶です。
知念様に作ってもらってよかったです。今後ともよろしくお願いします。

シンプルですが、こういうメールを頂ける事が、こういう仕事の最大の喜びです。

ますます頑張らねばと思わされます。

ありがとうございました。

「京都」ブランドは、世界中で通用する憧れのブランドですので、高い送料を支払ってでも購入する客は存在します。

日本茶以外でも「京都」ブランドをお持ちの方は世界に発信すべきだと思います。

英語圏のマーケットは非常に広いですので、英語ホームページは非常に威力を発揮します。

英語ホームページの制作をお考えの方は、是非、ご相談下さい。