URLの構造を改善しよう!

URLの構造を改善しよう!

世界中でワードプレスが選ばれる理由

▼第一弾と第二弾はこちら

・ワードプレスがSEOに強い理由

・description(ディスクリプション)タグのSEO効果

今回は第三弾です。

グーグルのガイドブックに沿って説明をしていますが、
ガイドブックは次に「URLの構造を改善しよう」と言及しています。

簡単に説明をしますと、サイトのURLには訳のわからない数字の羅列やパラメータを使わないと言う話です。
もう少し丁寧に説明しますと、サイトのURLは通常、ドメイン名+ファイル名で構成されます。

htmlで作成されたサイトなら、通常、URLは http://majikomi.com/wordpress.html のようになります。

URLの構造を改善。とは、すなわち、サイトのファイル名に変な名前をつけないということ。

先ほどのURLでの悪い例は、http://majikomi.com/12358dsfa2.html のようなURLです。

「ファイル名には意味がある言葉を選択して下さい。」とグーグルは推奨しています。

ワードプレスについて書いたページなら、ページのファイル名には「ワードプレス」のキーワードを入れて下さい。

つまり、http://majikomi.com/wordpress.htmlがファイル名のいい例となります。

このようなURLにすると、グーグルにとってもユーザーにとっても、このページはワードプレスによって書かれたものだと推測でき、非常に親切だというわけです。

ワードプレスのURL構造パーマリンクとは?

ワードプレスでは投稿時に自動的にURLが生成される為、ワードプレスのインストール当初は、URLに「?p=123」のように呪文のようなコードが自動付与されます。

この数字の羅列は記事IDを連番で付与していて、システムによる自動付与です。

ワードプレスは、記事の投稿の際にそのページを動的サイトとしてURLを自動生成しているんですね。

最初に申し上げた通り、このまま初期設定ではグーグル様から嫌われます。

再度、お伝えしますが、

「サイトのファイル名に変な名前をつけないこと」がグーグル様の教えです。

ワードプレスでつけられる「?p」はパラメータと言い、グーグル様はパラメータを付与された動的URLも推奨していません。

ところで、ワードプレスでは、記事のURL構造の事をパーマリンクと呼んでいます。

パーマリンクとは、「パーマネント(永久・不変)」+「リンケージ(関係性)」が組み合わさった造語だそうです。

おばさまのパーマネントは「堅固に形を変えない」という深い意味があるんですね。

あ、関係ない話でした。

要するにインターネットの世界で永久に居場所が(他のページとの関係性が)変わらないはずなのがURLであり、パーマリンクです。

パーマリンク(記事のURL構造)がコロコロ変わってしまうと過去の記事や、SNSなどで拡散した記事URLがリンク切れを起こし、ユーザーも困る為、グーグル様から嫌われるわけです。

私はワードプレスを使い始めた当初、パーマリンク(記事のURL構造)を変えてウェブマスターツールでグーグル様からお叱りを受けた経験があります。

って、怒られたわけではなくて変更前のURLにアクセスできまへんでって警告を受けたわけです。

同じ警告が何度もあり、消えないので、仕方なく変更前のURLでページを作って、「このページは現在、こちらのページに移動しています」としたら、ようやくグーグル様も納得されました。

パーマリンク(記事のURL構造)は、記事の内容に沿った意味のある言葉でつけましょう。

そして、そのパーマリンク(記事のURL構造)を生涯変えないようにしましょう。

ワードプレスでSEO効果の高いパーマリンク(URL構造)設定方法

前述の通り、数字の羅列のような意味のないURLはNGだとグーグル様ははっきりと述べられています。

グーグル様のガイドブックには、はっきりと「URLにコンテンツと関連した単語を使用しよう」と記述されています。

パーマリンク設定メニューつまり、ワードプレスを初期設定のまま使っていてもSEO効果は薄いという事になります。

そこで、ワードプレスは初期設定を変更できるようになっています。

それがワードプレスの「パーマリンク設定」メニューです。

左図の通り、ダッシュボードから「設定」-「パーマリンク設定」で表示される設定画面でパーマリンクの変更が可能です。

この画面でいろいろなURL構造に変更できますが、私がおススメなのが「ドメイン名+カテゴリー名+投稿タイトル」というURL構造です。

これに変更するには、下図のように「カスタム構造」を選択し、「/%category%/%postname%/」と入力、「変更を保存」ボタンをクリックします。

こうするとワードプレス記事のURL(パーマリンク)は、「ドメイン名+カテゴリー名+投稿タイトル」と自動的になります。

ちなみに私のこの記事のURLは、

URLの構造を改善しよう!

となっています。

wodrpressseo がカテゴリ名、url が投稿タイトルになります。

ここでお気づきの方もおられるかと思います。

実際のカテゴリ名と、投稿タイトルは日本語なので違うんやないかと。

パーマリンク設定メニュー

そうですね。

実はワードプレスでは、日本語URLも使用可能です。

先ほどのURLも日本語の設定のままで、

http://majikomi.com/ワードプレスSEO/URLの構造を改善しよう/

とすることも可能です。

日本語URLにすると、検索エンジンの検索結果にも、日本語のURLが太字で表示されるので、目立つことでクリックを誘導しやすい。

おまけに、もしかしてと実験をしてみたら、上位表示にもいいのではないかと思われる現象が起きました。

私のサイトで記事に日本語をそのまま使ってみたのが以下のURLです。

http://majikomi.com/hp/中高年起業/

このページが、記事をアップしたとたんに「中高年起業」キーワードでベスト10入りをしたのです。

これに驚き、日本語URLはSEO効果が高いのかと思いましたが、検索順位はすぐに10位外に落っこちました。

日本語URLのSEO効果の真偽は定かではありませんが、日本語にすると困ることがあります。

ご存知かもしれませんが、基本的にPCは日本語を扱うのが上手ではありません。

英数字は1バイト文字で日本語は2バイト。

英数字でしたら、英数字→マシン語への変換が比較的容易です。

その為、プログラム言語はほとんどが英数字で記述します。

日本語はまずは1バイトに変換する必要があります。

先ほどのURLは、日本語部分が結局は変換されて以下のURLが正しい記述になります。
http://majikomi.com/hp/%E4%B8%AD%E9%AB%98%E5%B9%B4%E8%B5%B7%E6%A5%AD/

ご覧の通り、わけのわからない記号や文字で埋め尽くされ、文字数も長くなってしまいます。

これは、まさに、グーグル様が嫌う意味のない文字列の連続ではないですか。

それ故に、日本語を最初から英数字に変換したURLを使うのがベストだと思います。

カテゴリ名もURL構造の一部に反映

ワードプレスのカテゴリー名は、カテゴリーの設定画面から各カテゴリーに「スラッグ」を割り当てることで変更できます。

URlの構造カテゴリ名

以後、記事を投稿の際はカテゴリーを選択したら、この「スラッグ」が自動挿入されます。

「記事のタイトル」は残念ながら、記事を投稿する際に自身で手動修正が必要です。

記事のタイトル、コンテンツに関連した簡潔なURLをつけるようにしましょう。

私がURL構造にカテゴリー名 + 投稿タイトルをおススメするのは、サイトのURLはトップページにすべてのページがリンクされる構造よりも、関連ページ毎にリンクされる階層型の方がSEOに強いURL構造だと言われているためです。

ただし、グーグル様のガイドブックにはそのような話は出てきません。

グーグル様は「ディレクトリ構造を簡潔にしよう」と記述しています。

その上で、

・あまり深い階層にしない。
・内容と無関係なディレクトリ名にしない

としています。

グーグル様が言及しているディレクトリ名とは、ワードプレスで言うとカテゴリ名とイクオールと考えて差し支えありません。

この事は、つまり、話の前提が(カテゴリ)ディレクトリを作る事となっており、カテゴリを使った階層構造は必須であるとグーグル様は思っていると推測されます。

従って、内容と関係があるカテゴリ名をつけた上で、親カテゴリの中に子供カテゴリがあるような深い階層にはしない事がグーグル様が推奨するURL構造であり、私が推奨するURL構造がベストな選択ではないかと思うわけです。

ワードプレスはSEOに強い設計になっていますが、投稿方法には少しコツがあり、URL構造は注意深く設計する必要があります。

それでも、最初の設定が決まれば、日々の運営はそれほど気をもまなくても大丈夫ですのでご心配なく。

 

description(ディスクリプション)タグのSEO効果

今回は、「ワードプレスがSEOに強い理由」第二弾です。

前回の記事はこちら → ワードプレスがSEOに強い理由

前回はワードプレスがSEOに強い理由としてグーグルのガイドブックに従ったサイトが自動的に制作できる話で、適切なタイトル設定方法について説明しました。

グーグルガイドブックは、次に「メタ ディスクリプションmeta discription」タグについて言及してます。

「メタ ディスクリプションmeta discription」タグのSEO効果には、賛否の議論が巻き起こっています。

すなわち、ディスクリプションdiscriptionタグはSEOには関係がないから設定の必要がない。という情報です。

あるいは、ディスクリプションdiscriptionはSEOに影響しないけど、検索結果に表示されるのでクリック率に影響があるので、記述した方がいいだという情報。

私には、どちらの言い分も何を根拠に述べているのか理解に苦しみます。

著名なSEOコンサルタントが言い出したのでしょうか?

というのも、グーグルのガイダンスには、ディスクリプションdiscriptionタグを設定すべきだと書かれている為です。

ディスクリプションdiscriptionタグは、検索結果のサイトのスニペット(紹介文)として使われ、検索キーワードが含まれていれば太字で表示されるとしています。

そして、ディスクリプションdiscriptionタグをすべてのページで記述すべきだと推奨しています。

グーグルが検索エンジン最適化の為に、ディスクリプションdiscriptionタグの設定を推奨しているわけです。

これはSEOの為に、やらない選択肢はないと思います。

discriptionタグのイメージ

ここで断わっておきたいことは、検索エンジン最適化(SEO)を行ったからと言って上位表示が行われるわけではないという点です。グーグルもそう言及しています。

巷で言われているディスクリプションdiscriptionタグが効果がないという説は、恐らく上位表示への影響が少ないという事でしょう。

でも、よく考えて下さい。

検索エンジン最適化とは、グーグルやユーザーが検索エンジンであなたのサイトを見つけやすくする為の施策です。

検索エンジンの最適化は、上位表示への必須事項だと思うわけです。

手先のテクニックをのみ追い求めると、ディスクリプションdiscriptionタグが効果がないという話になってしまうのかもしれません。

ディスクリプションdiscriptionタグをちゃんと設定し、グーグルやユーザーに好かれるサイト作りを心がけましょう。

それが引いては上位表示への道につながると思っています。

その上、複合キーワードで検索すると、タイトルや本文にそれほど記述がないキーワードの組み合わせでも、ディスクリプションdiscriptionタグに記述があるとヒットするケースが何度かありました。

この事実は、決してディスクリプションdiscriptionタグが効果がないとはならないと思います。

もうひとつの理屈である「ディスクリプションdiscriptionタグはクリック率に影響を与える」ことは、グーグルが検索結果のスニペット(紹介文)に使うと言及していることから、間違いのない事実です。

検索結果に表示された自身のスニペット(紹介文)には、検索キーワードを含めて、他のサイトよりクリックしたくなるような魅力的な紹介文を書くべきだというわけです。

これには異論がありません。

多くのユーザーがタイトルやスニペット(紹介文)でクリックを決めるわけで、スニペット(紹介文)の出来がクリックにつながるか否かの運命を握っています。

それ故に、ディスクリプションdiscriptionタグの設定は必須であり、その上、魅力的な紹介文を記述する必要があります。

ワードプレスでカンタン設定ができるdescription(ディスクリプション)タグ

ところが、この「メタ ディスクリプションmeta discription」タグも、前回のタイトルタグと同じサイトの<head>タグ内にあるので、素人には設定が難しいところです。

でもワードプレスならどうでしょう。

「世界中でワードプレスホームページ(wordpress)が選ばれる理由」の中でも書きましたが、ワードプレスには無償で使えるプラグインというフリーソフトが存在します。

その中に「All in one SEO Pack」というプラグインがあります。

「All in one SEO Pack」のインストール方法や設定方法は、グーグルで検索すれば出てきますので、そちらをご参照下さい。

このプラグインをインストールすると、先のディスクリプションdiscriptionタグをページ毎に記述することが、いとも簡単にできます。

ワードプレスディスクリプションタグ設定方法
ご覧の通り、記事の入力フォームの下部にそのままディスクリプションdiscriptionタグが記述できる入力フォームができます。

こちらに紹介文を入力するだけで、html時代には難しかったディスクリプションdiscriptionタグの記述が、誰でも簡単にできるのです。

「All in one SEO Pack」を導入すると、キーワードタグの入力も同時にできます。

キーワードタグも巷ではSEOに影響ないから入力しなくても良いと言われていますが、私は必ず記述をします。

この際には1ページ1キーワードの原則を守っています。

キーワードタグでキーワードを指定してあげることで、検索ロボットとしては、「このページは、このキーワードについて書かれている」とたやすく認識できるようになります。

ロボットがいくら優秀だからと言って、データのインプットなしには判断ができません。

このページは、こういうキーワードについて書いたつもりでも、ロボットには違うページとして判断されてしまうかもしれません。

キーワードタグを入力することが、ロボットに優しいわけで、ユーザーにもロボットにもわかりやすいサイト作り。

これが検索エンジン最適化につながり、そのようなサイト作りがたやすくできるのがワードプレスの最大の利点でもあります。

 

ワードプレスがSEOに強い理由

前回は世界中のサイトがCMS化していく世界的な潮流を紹介し、CMSの中でもワードプレスが最もよく使われているお話をしました。

▼世界中でワードプレスが選ばれる理由

世界中でワードプレス化が進む理由の中で、私自身が最大のメリットと感じているのが「ワードプレスはSEOに強い」という点であると話をしました。

今回は、その具体的な内容について書きたいと思います。

「ワードプレスがSEOに強い理由」です。

実はSEO対策の指標となるべきガイドブックがグーグルから発行されています。

それが「Google検索エンジン最適化スターターガイド」。

SEOについては、いろいろな人が自分の体験を元にいろいろな事を言っていて、様々な憶測や異なる見解が飛び交っています。

そんな中で、やはりグーグルがSEOについて言及している、このガイドブックがSEOの根本的な指標になるわけで、このガイドブックには一度目を通すべきです。

Google検索エンジン最適化スターターガイドはここからダウンロードできます。

ワードプレスホームページ

ワードプレスで適切なタイトルをつける方法

ガイドブックの最初のトピックは「適切なページタイトルをつけよう」となっています。

要約すると

・ちゃんとタイトルタグを使ってページの内容にふさわしいタイトルをつけること。

・各ページ毎に固有のタイトルをつけること。

・簡潔で説明的なタイトルをつけること。

とあり、「ページタイトルは検索エンジン最適化の重要なポイント」だとしています。

その上、検索キーワードがタイトルに入っていれば、検索時にそのキーワードが太字で入ります。と言及しています。

ただし、キーワードは詰め込みすぎないことと釘も打っています。

そうすると、このガイドブックの指標に基づいて設計するウェブサイトは、ページタイトルにキーワードを必ず入れ、そのキーワードにふさわしい記事にし、必ずページ毎にタイトルを記述すると検索エンジン最適化になるという事になります。

では、ワードプレスで、このグーグルのガイドの指標を反映させるにはどうしたらいいのか?

ワードプレスでは、サイト全体のタイトルはダッシュボードから設定ができます。

その上、各ページのタイトルは、記事のタイトルがそのまま反映されます。

あなたがお読みのこの記事のタイトルは、「ワードプレスがSEOに強い理由」なわけですが、このタイトルはワードプレスで記事のタイトルとして入力しただけです。

その為、ワードプレスでは、記事のアップをする際に記事タイトルに検索してほしいキーワードを入れて、1記事1キーワードの法則で記事を書いていれば、自然とグーグルが大事だとしている「適切なページタイトル」をつけることになるのです。

htmlを意識しなくても、記事をせっせとアップすることで検索エンジン最適化ができるわけです。

つまり、ワードプレスを使う選択をするだけで、自然とSEO対策ができるわけです。

そして、グーグルガイドブックトピックのトップに書いてある通り、タイトルはSEOにとって最重要事項ですので、お忘れなく。

次回も引き続き「ワードプレスがSEOに強い理由その2」をお届けします。

 

世界中でワードプレスホームページ(wordpress)が選ばれる理由

サイト制作におけるCMS(コンテンツマネージメントシステム)の比率が年々上がっています。

CMS(コンテンツマネージメントシステム)とは、サイトのコンテンツであるテキストや画像、動画などのデータを統合的に管理する仕組みを持ったサイトであり、htmlやCSSで構成される通常のサイトよりも更新や改修などの管理を容易にしました。

その便利さから利用者が増え続け、今では全世界のサイトにおけるCMS利用率は約32%(豪Q-Success社調べ・2013年7月現在)にのぼっています。

日本のCMSシェアが見当たらなかったのですが、いろいろな情報を目にすると日本ではもっとシェアが高まっている気がします。

サイト制作の主流がどんどんhtmlからCMS化していっているのがウェブの世界の潮流のようです。

トップを走っていたかと思うと、いつの間にかじり貧という事例が山ほどあるようにウェブの世界は一寸先は闇。

でも、このCMS化の傾向は当分続きそうだと私は考えています。

なぜなら、ウェブサイトをCMSで制作するメリットが非常に大きいためです。

世界のワードプレス(wordpress)のシェア

そのCMSを提供するソフトウェアは数多くありますが、中でもワードプレス(wordpress)のシェアがダントツです。

そのシェアは約6割。

2位はJoomla(ジュームラ)は10.3%、3位はDrupal(ドゥルーパル)で6.3%ですのでワードプレス(wordpress)のシェアがいかにダントツがわかると思います。

日本で一時流行ったMovableType(ムーバブルタイプ)は0.3%、XOOPS(ズープス)は0.2%。一時はMT、MTと多くの人が話をしていたので、あなたも耳にしたかもしれませんが、最近は日本でもシェアを落としたのか耳にしませんね。

また、つい、最近、ホームページリニューアルのクライアントサイトがXOOPS(ズープス)を使ってサイト構築を行っておりました。

ログインしてみたのですが、扱いずらいのなんの。

ワードプレス ホームページ

その点、ワードプレス(wordpress)は非常に使いやすく、シェアがダントツな理由がわかります。

世界中のサイトがCMS化していく流れの中で、そのCMSに使われているソフトウェアの6割がワードプレス(wordpress)というわけです。

もしかしたら、あなたがいつもアクセスしているサイト。

ワードプレス(wordpress)で構築されているサイトかもしれません。

世界中でワードプレスが使われる3つの理由とは?

世界中でワードプレス(wordpress)利用が進んでいる理由をあげますと、第一の理由はその扱いやすさにあるでしょう。

ワードプレス(wordpress)はサイトの更新やページの追加がブログ感覚で行えます。

その為、htmlやCSSといった通常のサイト管理で必要だったスキルを、あまり意識することがなくサイトの管理が可能になります。

インターネットというツールにより、世界中で個人がメディアを持ち、情報発信する術を持ったのが現代という時代の特徴です。

それにも関わらず、SNSをのぞいて、その中心にあるウェブサイトが、一部の技術者やスキルを持った人に独占されていた状態から、本当の意味で個人の手にツールが渡ったという点がCMSを活用したサイトの特徴になります。

すなわち、誰にでもワードプレス(wordpress)を用いたサイト管理が容易になった為に、誰でも情報発信を可能にしたわけです。

しかもワードプレス(wordpress)によるウェブサイトは、個人のブログ感覚でありながら、ちゃんとしたコーポレートサイト、企業ブログやメディアサイトの構築も可能ですので、SNSと違い、しっかりとしたビジネスニーズにこたえることができるのです。

企業の立場に立つと、ウェブサイトを持つのが当たり前になってきたこのご時世でも、ウェブ更新はサイト管理会社に依頼しているケースがまだ主流のようです。

更新の都度、見積もりを出してもらって、サイトの更新をやってもらうわけです。

そうなると更新の敷居が高くなります。

管理会社に依頼するという仕事が面倒くさくなるわけです。

おまけに更新のスピードが遅くなります。

サイトを更新しなきゃと思い立ってから、原稿作成 → 見積依頼 → 社内決済 → 更新依頼 → 更新 というステップを経て行くうちに、更新しようと思った情報が古くなってします。

スピード感のあるネット時代には致命傷になりかねません。

そこへ行くとワードプレス(wordpress)の場合は、更新をユーザー企業側で行う事が可能なので、更新の敷居も低く、スピード感を持ったサイト運営が可能になります。

おまけに技術スタッフを手当てしなくても、アルバイトでも更新が可能。(実際のサイト運営はマーケティングの部署で集客を想定した更新がおススメです。)

サイトのワードプレス(wordpress)化のメリットはこれだけでもすごいわけで、それが世界中で使われている第一の理由になります。

世界中のサイトでワードプレス(wordpress)が使われている第二の理由は、コスト削減につながる点にあります。

第一の理由で述べた通りhtmlやCSSで制作した通常サイトより、ワードプレス(wordpress)サイトは、更新管理の手軽さから人手や時間が削減できる為、はるかにウェブ管理コストが削減でき、スピード感を持った経営判断につながるのです。

その上、ワードプレス(wordpress)は、オープンソースと言って誰でも無料で使用が可能なソフトウェアになっています。

また、世界中の開発エンジニアにソースが公開されており、こぞって開発に取り組んでいる為、常に時代の影響に対応し、変化し続けています。

そう、ユーザー側は常に最新の状態でソフトウェアを無償でアップデートが受けられる為、PC側や携帯端末、OSのアップデートに惑わされないウェブサイトの運用ができるのです。

これだけのコスト削減は、世界中の開発ユーザーの善意のおかげなんて、すごいですよね。

彼らには感謝・感謝です。

おまけにワードプレス(wordpress)にはプラグインという機能が装備されていて、ワードプレス(wordpress)用のソフトウェアを多くの開発者が無償提供しています。(中には有償のプラグインもあります。)

ウェブサイトに必須の自動返信機能つきのコンタクトフォームやサイトマップ表示をはじめ、関連記事表示や記事のランキング機能など、ワードプレス(wordpress)サイトの動的な運営に、とても便利なツールが無償で手に入るわけです。

これもまた驚きですよね?

フリーソフトの文化はPCの黎明期からありますが、ビジネスユースのソフトウェアは高額なのが相場。

かなり高機能なソフトウェアが、プラグインとして提供され、いつでも、誰でも使用が可能なわけです。これは奇跡的なことだと私は思います。

世界中でワードプレス(wordpress)が使われる第三の理由は、集客がしやすい点があります。

これが最も重要なメリットであり、私もワードプレス(wordpress)によって恩恵を受けている一人になります。

ワードプレス(wordpress)は、グーグルと非常に相性が良く、記事を投稿することでアクセスを自然に集めることができる設計になっています。

グーグル社の役員がワードプレス(wordpress)でブログを書いているという情報があるほど、グーグルとワードプレス(wordpress)は相性が抜群なのです。

通常のhtmlやCSSで制作されたウェブサイトは、砂漠のど真ん中にお店を開いたようなもの。

そこに道を作り、人を呼び込むことを、最初から自分自身の力で行わなければなりません。

ところが、ワードプレス(wordpress)は、サイトを立ち上げて瞬間にグーグルが道を作ってくれ、人を呼び込んでくれるのです。最も、そうするには、ちゃんとした制作方法をしなければなりませんが・・・。

様々なメリットの中でも、ワードプレス(wordpress)は検索エンジンに最適化されたサイトが、たやすく作りやすいことが最大のメリットではないでしょうか?

これら大きな三つの理由から、世界中でワードプレス(wordpress)が選ばれているわけです。これは使わないと損ですよ。

ワードプレス(wordpress)がグーグルと相性がいいということについて具体例を次回は書きたいと思います。

 

沖縄恵比寿神社へ商売繁盛祈願に行ったけど・・・

今日は「十日恵比寿の残り福」のお参りに行って来ました。

と言っても十日恵比寿は関西の習慣らしくて、関西でのいわゆる「えびっさん」は沖縄ではやらないようで、十日恵比寿を行う神社を探してもなさそうでした。

関西では1月10日前後は、商売の神様である恵比寿様を親しみを込めて「えべっさん」と呼び、お祭りします。

9日を「宵戎(よいえびす)」、10日が「十日戎(とおかえびす)」、11日は「残り福」と呼ばれ、この期間に恵比寿神社におまいりに行き、その年の商売繁盛を祈願します。

大阪は商人の街として発展してきた歴史がありますので、こうした商売の神様をお参りする習慣が根付いたのかもしれません。

恵比寿神社で有名なのが、西宮戎神社。

私も毎年お参りしていたのですが、十日戎の一番福レースは、毎年マスコミで中継されるほど話題になっています。

沖縄の恵比寿神社は商売繁盛だけが・・・

私も商売をやっている以上、恵比寿神社へ行きたいと思い、沖縄にあるのか探してみました。

すると・・・ありました。

沖縄県那覇市安謝にあるようです。恵比寿神社。

というわけで、本日行ってきました。

ネットの情報ではちょっとわかりにくい住宅街にあるようです。

確かに、番地をカーナビに入れても、うまくたどり着けませんでした。

少し迷いながらも、なんとか到着しました。

今後、沖縄恵比寿神社に行きたい方のために、画像で場所案内をします。

那覇市安謝の交差点から58号線を海側に進みます。

那覇から58号線で北上した場合は、右手にコジマ電器がある交差点を左折します。

しばらく走ると左側に「丸博産業株式会社」のガソリンスタンドが見えてきます。

沖縄恵比寿神社の道案内

このガソリンスタンドの手前を左折します。

左折してすぐのつきあたりの沖縄銀行の角を右折します。

沖縄恵比寿神社の道案内

 

すると前方左にファミリーマートが見えてきます。

このファミリーマートは「安謝恵比寿神社前店」となっている通り、ファミリーマートの裏に恵比寿神社がありました。

沖縄恵比寿神社の道案内

 

沖縄恵比寿神社の道案内

 

沖縄恵比寿神社の道案内

ファミリマートの手前の駐車場の裏に道があるのですが、その道から枝分かれするように急な坂道が見えます。

この坂道の上が恵比寿神社になります。

この坂道が天空の神社に行くかのようなデコボコ道で、オフロード車じゃないとタイヤが傷みそうなほどです。

坂道を登りきると、ちゃんと駐車場がありました。

沖縄恵比寿神社の駐車場

沖縄恵比寿神社の鳥居

沖縄恵比寿神社の鳥居

 

沖縄恵比寿神社の看板

駐車場の前に赤い鳥居があり、階段の上に祭壇があるようです。

鳥居のそばには「奉仕御案内」の看板がありました。

確認してみますと、いろいろ祈願項目がありますが・・・ん、何か違和感が・・・。

あれ、ココは恵比寿神社のはずなのに・・・肝心のあれがありません・・・。

そう、「商売繁盛」の項目が・・・。

やっぱり、沖縄には十日戎の習慣がないんですね。

沖縄恵比寿神社の参拝客は、私たちだけでした。

神社はこじんまりとした感じで、社務所は神主さんのご自宅のような雰囲気。

社務所には・・・誰もいませんでした。

賽銭箱ひとつと祭壇ひとつの小さな小さな祠。

それでもすごく落ち着く雰囲気で、すごく霊性の高さを感じました。

人が多くてにぎわっていなくても、出店がたくさんあって楽しいことがいっぱいなくても、きっと神様はこういう場所にいるのかもしれない。と思わされる落ち着く空間でした。

きっとこれで今年も商売繁盛は約束されたとスッキリした気分になりました。

沖縄での商売繁盛祈願は、是非、沖縄恵比寿神社に参拝に行きましょう~。

 

就職活動がうまくいかない。それで就活自殺とは、あまりに視野が狭い。

「就職活動がうまくいかない」と就活自殺をする学生が7年間で200人超。(警察庁調べ)

この数字には驚きました。

受験が戦争と言われ、受験に失敗して、それを苦に死を選ぶ若者がたくさんいることはニュースなどでたびたび目にしていました。

就活がうまくいかないケースでも、これだけ多くの若者が死を選択していることに愕然としたのです。

先日、関西学院大学4年生の就活自殺が産経ニュースに出ていて、就活自殺の存在を始めて知りました。

それが、少し調べてみると、この関学生のケースは氷山の一角だったんですね。

本当に驚き、愕然としました。

自分の子供だったらと思うと、とても悲しい気持ちになりました。

 

就職活動がうまくいかない

出典:産経WEST

 就活は単なる人生の一出来事に過ぎない

就活の失敗で死を選ぶなんて、本当に残念にならないと思います。

確かに若い頃は、近視眼的な物の見方しか出来ない為に、受験や就活がすべてな気がしてしまいます。

人生において初の挫折、失敗経験が就活ということもあるでしょう。

特に学生時代に優秀だった人ほど、挫折や失敗経験に対して免疫がついていないと思われます。

若い頃の挫折経験は死と隣り合わせにあるのかもしれません。

もし、あなたがそんな挫折の真っ只中にあるのなら、是非、自分を俯瞰してみる訓練をしてほしい。

客観的に自分を見ることができたら、自分の悩みがちっぽけなものだと思えるハズです。

世界中で、ろくに三食を食べることもできない境遇の子供たちがたくさん存在します。

逆に、日本のような恵まれた国の方が少なく、就活なんて、広い世界、長い人生では、たった一瞬の出来事。

就活の失敗なんて、のちのちの人生では、笑い話として、とっておきの話のネタになります。

こんな話をしても、当人にとっては不謹慎な話に聞こえるかもしれません。

でも、それが真実です。

就活が人生のすべてではありません。

就活自殺の増加の原因とは?

前途洋々の若い学生たちが「就活がすべて」と思ってしまうのは、親や学校にも責任の一端があるかもしれません。

あるいはマスコミも。

学校は反体制教育を刷り込み、反権力教育を行ってきながら、逆に権力構造の中に組み込まれる就活を学校生活のゴールかのようにカリキュラム化しています。

おまけに権力の権化のような官僚を目指したり、大企業に就職させることを自らの通信簿の点があがることのように推奨し、日本企業の99.9%も存在する中小企業へ目を向けさせることを怠ったり、その風潮をあおるマスコミ。

若い学生にとっては、とても矛盾を感じるべき期間だと思います。

私自身は、当時、すごく矛盾を感じ、当たり前のように就活して内定をもらっている友達たちが不思議でなりませんでした。

その為、私自身は就活をしていません。

なぜ、こぞって大企業の歯車に組み込まれる為のレースに、多くの学生が矛盾も感じずに飛び込んでいくのか、本当に不思議でなりませんでした。

その姿は、まるで、ハーメルンの笛吹きの笛に踊らされて、自ら底なしのレースに飛び込んでいくネズミたちのように見えます。

私自身、若い頃にとても疑問に思い、就活をしていません。

その為、仕事のキャリアとしては、常に非主流の道を歩いて来ました。

それでも、後悔したことはありません。

会社ではなく、自らのキャリアを磨くことができたので、どこででも生きていけると思っています。

就活して主流の道を歩んだ同級生が、果たして幸せに生きているのかは知りません。

しかし、少なくとも私は彼らよりも、より多くの体験をし、より広い世界を見て、より深い人生を送っていると自負しています。

そもそも就活とは、ラットレースの中に飛び込む事

ハーメルンの笛吹きの話を引き合いに出しましたが、笛吹きは最終的には子供たちを笛で引き連れて行き、子供たちは帰って来ませんでした。

子供たちは誰も笛吹きに敷かれたレールから外れることなく、「自らレールに乗ることを決めて連れて行かれた」のです。

その連れて行かれた先に何があったのかは物語に書かれてはいません。

しかしながら、現代就活戦線では、レールの先にあるのは、「終わりなきラットレース」です。

ラットレースとは、その著書「金持ち父さん、貧乏父さん」でロバート・キヨサキ氏が表現したサラリーマンの姿です。

ネズミが滑車をくるくる回る。そんな姿がラットレースであり、サラリーマンの現実だと彼は言います。

そう、「明日こそは多くのことが実現できる」と思いながら足をせっせと動かすが、結局は同じところに戻っている。

それがサラリーマンの現実です。

「熾烈なラットレース(出世競争)の問題は、たとえ競争に勝っても、ラット(ねずみ)であることにかわりがないこと。」

リリー・トムリンという方の名言です。

たとえ大企業に就職しようが、サラリーマンである限り、ラットであることにかわりがないというわけです。

いま、就活に励んでいる学生にとっては、あまりピンと来ない言葉かもしれませんし、張り切っている方には水をさす言葉かもしれません。

要するにサラリーマン生活は決してばら色ではないというわけです。

社会の歯車として個性を殺して生きる。

それが就活レースの先にあるものです。

この言葉の意味が腹の底に腑に落ちれば、「就活がすべて」と考えることが、どれだけばかげていることが理解できると思います。

就活に失敗したからこそ、素晴らしい人生が待っているかもしれません。

起業して夢をかなえるかもしれません。

企業があなたの人生を丸抱えする時代はとうに終わっています。

ネット時代には人生の選択肢が山ほど存在します。

人生には、「起きた時は最悪の出来事だと思った事が、後で振り返ってみると最高の出来事だった」

というようなことがよく起きます。

もしかしたら就活の失敗は、実はあなたの人生にとって、最高の出来事なのかもしれません。

就職活動がうまくいかない

自殺は究極の自己中心

今、自分が苦しいのはなぜでしょう?

自分は何がイヤなんでしょう?

友達がみんな内定もらっているのに、自分は内定をもらえない。

自分はダメな人間?

絶対にそんなことはありません。

就職も縁です。

今のところ縁がないだけの話。

苦しいのは、自分のプライドが傷ついているだけの話。

自分の体裁が悪いから苦しいだけでは?

友達と比較してどうするのでしょうか?

これから先の長い人生。

常に友達と比較して生きていくのでしょうか?

友達が早々に内定をもらえたことを心から喜べる。これが本当の友達ではないでしょうか?

なぜあなたが傷つくのでしょうか?

要は自分、自分、自分。自分のことばかり考えているから苦しいでは?

私は「自殺は究極の自己中心」だと思っています。

自分以上に苦しんでいる人がいることに気がつきませんか?

私の親戚に、昨年から就活してきた娘を持つお姉ちゃんがいます。

なかなか就職が決まらず、やっぱり親が一番心配していました。

あなたにも、あなたを心配している家族、知人、友人が必ずいるハズです。

あなたが自殺をしたら、あなたはこの世から去ってしまうのでいいかもしれません。

残された家族や友人達はどうなりますか?

一生、あなたのことを心の傷として背負って生きていかなければならないのです。

自分さえよければいいのでしょうか?

自殺は究極の自己中心です。

逆の立場に立って考えてみてください。

あなたが大好きな家族が何も言わずにこの世から去ってしまったら。

自分のことだけを考えないで下さい。

残される家族に目を向けて下さい。

世界に目を向けてください。

もっと広い世界を見て下さい。

今は視野が狭くなっています。

就活の失敗なんかで自殺なんかしてはいけません。

失敗こそが人生。

今を乗り越えれば、あなたの前途には必ずや光り輝く瞬間が待っています。

2015初詣は波上宮で大吉スタート!

2015年の初詣に沖縄那覇にある波上宮に行きました!波上宮

ココはわが母校、波之上自動車学校の隣にあります。

波之上ビーチのそばにあり、小説テンペストの舞台にもなった由緒ある神社です。波之上ビーチ隣の駐車場に車を止め、ビーチを横切って神社に入る感じになります。

神社にたどり着くまでに出店がずらりと並んでいます。

一歩、神社の境内に足を踏み入れると人、人、人であふれかえっていました。

参拝するまで、まるで車の渋滞のように人の渋滞でノロノロ進行。

波上宮波上宮

波上宮波上宮

ようやく賽銭箱にたどり着き、無事に参拝を済ませました。

今持っているものに感謝をしつつ、2015年が多くの人にとって幸せでいい年になるよう祈願しました。

沖縄にとっても、今年は正念場。

いい年にしなければと新ためて誓いました。

波上宮でおみくじしたところ・・・

その後の移動も渋滞の中。

ようやくたどり着いて引いたおみくじ。

これが、なんと二人とも大吉。

私自身、ここ数年、大吉つづきだったので、今度もという予感があったのですが、共に大吉だなんてブラボーです。

波上宮おみくじ

大吉のおすそわけです~。

運が悪い人が、運を良くするには、運がいい人のそばにいればいいのです。

運が良くなりたい方、是非、このブログを読み続けて下さい~。

今年は私たちにとって、本当にいい年になりそうですし、そうしなければと思っています。

あなたにとっても健康で、幸せな一年になりますように。

 

2015初日の出が奇跡的に見られました!

あけまして、おめでとうございます。

今朝は早起きをして、2015年初日の出を見に出かけました。

ウチは、沖縄県中部でも東端にある勝連半島の東側にありますので、ウチの前からでも初日の出は見えます。

でも、せっかくなので、ウチの前の海中道路を通って離島に初日の出を見に行きました。

ウチを出ると、とたんに目に飛び込んで来たのが車の渋滞。

みんなお目当ては2015初日の出でしょう。

地の利を生かして渋滞を避けて海中道路に進入。

海中道路は、渋滞こそ起きていませんでしたが、これまでで最も多くの車と遭遇しました。

浜比嘉島に平安座島、宮城島は大混雑

海中道路の真ん中ほどにある海の駅「あやはし館」も車、車、車でいっぱいでした。

「あやはし館」をやり過ごし、車は平安座島に入りました。

平安座島に入ると、すぐに右折方面に橋が架かっているのが見えます。

浜比嘉島へ渡る橋です。

見ると、橋の上に車の行列。

最初は渋滞かと思いましたが、近づくと橋に車を止めて初日の出を待っているようでした。

あまりの車の多さに橋が落ちてしまうのではないかと思うほどでした。

平安座島の初日の出の絶景ポイントも既に満員状態。

宮城島にあるぬちまーすの工場が初日の出のために駐車場を開放していたようですが、そこも満員。

私たちは混雑する車を避けて伊計島へ向かいました。

2015初日の出を伊計島で拝むことができました!

伊計島は勝連半島沖の離島の中では最も東の端にあります。2015初日の出

おまけに高い山や建物もなく、畑が広がっているので、畑をつなぐ道路から初日の出は見られる可能性が高いのです。

伊計島に向かうと車の数があきらかに減ってきました。

やはり地の利。遠方から来た人たちは、伊計島のビューポイントを知らないのでしょう。

伊計島に入ると先客はいましたが、非常に少なくて車を止めるスペースは十分にありました。

ただ、心配だったのが、雲の厚さです。

時間的に既に日は昇っているようですが厚い雲で太陽の存在をどこにも感じられません。

伊計島に着くと、やはり空は厚い雲で覆われています。2015初日の出

初日の出は無理か?

そう思っていたら、東の空に雲の切れ間が少しだけ現れて来ました。

方角がちょうど真東です。

すごいっ。

どこにも気配がなかった太陽が、その雲の切れ間から感じられてきたのです。

空全体が雲で覆われていながら、初日の出が現れる箇所だけ雲の切れ間ができたのです。

これはすごいっ!

数分後、2015初日の出が姿を見せてくれました。

普通に現れるより、感動的でした。

2015年はいいことがありそうです。

写真だと自分の目で見た初日の出がそのまま写し取ることができないのが残念です。

とっても神秘的で、神々しい初日の出を拝みながら、幸せな環境を与えられ、雲の切れ間から励ましを頂いたようで、とても嬉しい初日の出でした。

2015初日の出

今年もよろしくお願いします。

まじコミュニケーションズ

知念