チャイナリスクが現実的に

チャイナリスクがいよいよ現実味を帯び始めてきました。

チャイナは共産党一党独裁で政治的には共産主義。

経済的には社会主義を捨て資本主義を導入してはいますが、国家資本主義ともいうべき統制経済の下でビジネスが展開されています。

チャイナは長い間、全うな資本主義を装ってきましたが、先日の上海株の大幅下落での国家の介入により、その化けの皮がようやくはがれ始めました。

株価の下落を防ぐ為に、上場企業で株の値が下がりそうな銘柄の取引停止をしたのです。

これは笑えるほど、資本主義のルールから逸脱したことが白日の下にさらされてしまいました。

元の切り下げなど為替レートも国家(共産党が)が、操作しました。

上場している企業もすべて国有企業なわけで、これで資本主義といえるか疑問に思うほどです。

数年前にGDPが日本を抜いて世界2位となりましたが、実際にはチャイナ公式統計として発表するGDPの数値はファンタジーで実態はまるで違うことをイギリスの調査会社が発表しています。

●チャイナの経済成長率、公式統計の半分以下か

この事実は、もしかしたらはじめから世界2位の規模はないのではないかという疑問さえ持たされます。

チャイナリスクが現実に

チャイナリスクの源は共産党一党独裁~独裁化で真の資本主義は育つわけがないという理由

チャイナ共産党が掲げている共産主義は、もともと資本家を労働者階級が打倒することを正当化する、わけのわからないイデオロギーがその出発点。

実際に大東亜戦争後に資本家階級を虐殺し、国民党政権を台湾に追い出し、政権を握った共産党。

その共産党自体が資本家階級となり、牛耳っているのがチャイナの国家統制資本主義の実態。

すべての人民が平等という社会主義思想では、貧乏の平等が共有化されたため、資本主義に舵取ったのですが平等思想の理想は完全に葬り去られました。

こうして内部に相当な構造的矛盾を抱えた中で資本主義の果実を享受してきたのがチャイナ経済の実態でした。

数年前にチャイナが経済的に勃興してきて、チャイナ株への投資ブームやチャイナ進出ブームがやって来ました。

私もチャイナの膨大な市場の魅力に一時惑わされていた時期がありました。

しかし、実際にチャイナに進出して、失敗し、撤退した知り合いの企業に話を聞いたことがありますが、話は非常に怖いものでした。

チャイナにある膨大な市場は、自由市場ではなかったのです。

チャイナに進出するには、当時はチャイナ企業との合弁企業を作るしか選択肢がありませんでした。

チャイナ企業との合弁企業といいますが、チャイナ企業は国そのものですので、要は国の規制下、監視下の元でのビジネス展開になります。

つまり、手足を縛られた状態でのビジネス展開となってしまい、その上、事あるごとに袖の下を要求されますので、ビジネスの立ち上げがなかなか上手くいかなかったそうです。

結局、ビジネスが軌道に乗らないまま、撤退を決めたそうですが、撤退したくてもできない状態になったそうです。

そのあたりは具体的な話は聞けませんでしたが、最終的には身包みはがされた形で命からがら逃げるように帰国したそうです。

そこで結局は数億円の損失を出したそうです。

なんとまあ、ヤクザと合弁企業を設立して、甘い汁をすべて吸われて追い出された図式が彼の話からイメージされました。

それ以来、私の頭の中からチャイナ市場の魅力は消え去りました。

●上海株式市場混乱、中国から撤退したいが・・・撤退表明したとたんに拘束、資産を置いていけと脅迫も・・・

いざとなるとチャイナは法律が無視されます。

法治国家ではなく人治国家なのです。

これは非常に怖いことです。

これだけカントリーリスクがあるのがチャイナです。

尖閣国有化のあとの日本のスーパーの破壊ぶりも忘れてはなりません。

営利目的に目がくらんではいけません。

21世紀の時代に命がけの権力争いをしている時代遅れの体制を維持しているのがチャイナ。

政治体制が経済に影響を及ぼさないと考える方がどうかしています。

万里の長城

チャイナリスク~自らコントロールできない怖さ

●中国に入れ込んだ代償100年の歴史に幕

チャイナに入れ込みすぎて100年の老舗企業が倒産したという話があります。

チャイナにさえ進出しなければ、こうした事態は免れたのではないでしょうか?

100年も企業を存続されることはすごいことです。

栄枯盛衰が世の常の中で100年継続する。

これは本当にすごいです。

ところが、チャイナに進出するという判断がこうした優良企業を死に追いやってしまいました。

チャイナ進出の判断を決定した経営陣は、会社を創業した先人に対して申し訳ない気持ちでいっぱいでしょう。

チャイナを普通の民主主義の下での資本主義国家と思っていてはいけません。

上海株の暴落の時には、自国の国民に対して「必ず株があがる」というメッセージを送っていながら、暴落したとたんに売買停止。

紙切れに化した株を売るに売れず、自国民が路頭に迷っても国の体裁をとる国なのです。

公式統計をごまかして国に投資を求める。

これは粉飾決算の会社の株を売る行為と同等。

普通の資本主義の下では立派な犯罪。

犯罪行為を国が堂々と行っているのがチャイナの実態なのです。

あの米大物投資家のジョージ・ソロス氏も中国株を大量に売り払ったようです。

チャイナに見切りをつけたのでしょう。

●米大物投資家、中国株を“投げ売り” 上海市場暴落、米国シフト強化へ

そんなチャイナリスクを知ってか知らずか、もっと経済交流を深めようとしているのが、わが沖縄県。

●中日韓発展協会 沖縄県経済界と交流 20人が来沖

どこへ行くのか沖縄県。

日本からせしめたお金をチャイナに投資。

本当に止めてほしいものです。

ガソリンスタンドの廃業、倒産が相次ぐ理由

私が沖縄のガソリンスタンドの接客について、感じたことを書いたこちらの記事があります。

沖縄ガソリンスタンド店員に見る沖縄の県民性

この記事は沖縄のガソリンスタンドで体験したことを下に感じたことを書いています。

本日はガソリンスタンドでの体験を、ビジネス的な視点から考えてみたいと思います。

これらの体験がガソリンスタンドの廃業、倒産が全国的に相次いで起きている原因につながっていると感じています。

私は40数年を本土で過ごし、沖縄に帰って来て2年ほどで2回もガソリンスタンドで少し嫌な体験をしました。

これらの例は本土のガソリンスタンドでは全く体験したことのなかった例でした。

その為、沖縄のガソリンスタンド特有の体験として、ブログで共有しました。

コメント頂いたのは2件なのですが、いずれもガソリンスタンド従事者、アルバイトの方からでした。

2件ともガソリンスタンドを擁護するコメントでした。

正確に言うと不快な思いをした1回目の体験については、スタンドの定員の対応が悪いとのコメントでしたので、これはまあいいでしょう。

2回目の体験については、頂いた2件のコメントはいずれもスタンド店員の対応を擁護するものでした。

事の顛末の詳細はブログを読んでいただいたらわかるのですが、かいつまんで説明をします。

ガソリンスタンドが廃業する理由

ガソリンスタンドの常識は世間の非常識?!

私が沖縄のスタンドで体験したこととは次の通りです。

私は原付でガソリンスタンドに寄りました。

そのガソリンスタンドはセルフではなく、人手を使って給油をするスタンドでした。

私は自ら給油口のキャップを空けて、やってきた店員にレギュラー満タンを告げました。

店員は返事をしたので、そのまま給油作業に入ってくれるかと思っていました。

その時、私がいるスタンドの向こう側に車が滑り込んで来ました。

私の対応をするかと思っていた店員は、何も言わずに車の方へ飛んで行き、車の給油を始めるではありませんか。

私は驚いて、なぜこっちが先に給油口まで空けて待っているのに、車を先に対応するのか聞きました。

確かにすごい剣幕で聞いたのですが、店員は理由を答えることなく、ただただ小さくつぶやくように謝るだけでした。

理由がわからない私は、それが沖縄ルールかと思い、知人何人かに聞きまわりました。

すると、ヒアリングの結果は皆が店員の対応がおかしいとの結論でした。

ところが、コメント2件は、この沖縄のスタンドの店員を擁護するものでした。

いわく、原付を後回しにするのは「効率を考えて」当たり前の対応だと。

いわく、効率を考えて順番を前後するのは沖縄だけでなく、全国的な考えだと。

いわく、弁当屋や病院も順番が前後することがあるではないかと。

私はビックリしました。

お客の気持ちよりもお店の効率が優先されるのがガソリンスタンドの全国的な考え方だと言うのです。

これらのコメントに関する反論は、元ブログでしているので細かいことはここでは書きません。

ただ、これらコメントについてどう思うかも数人のお客代表に聞いてみました。

すると、やはり、本当にそれがスタンドの考え方の総意なら、スタンドはおかしいとの結論になりました。

元ブログのコメント欄は書き込みが少ないとは言え、まるで「お客の代表 VS スタンドの代表」の様相になってきました。

お客の都合よりスタンドの効率を優先する。

そんな考え方が本当に全国のスタンドに存在するなら、私はそれこそが、全国的にスタンドが倒産、廃業が増えている要因のひとつだと思わざるを得ませんでした。

明らかに世間の常識とスタンドの常識が乖離しているのです。

ガソリンスタンドが廃業する理由

ガソリンスタンドの倒産、廃業が多い理由とは?

このような店員による不快な対応が常識としてまかり通っているなら、セルフで対応してもらった方がまだ快適にスタンドを利用できます。

ガソリンスタンドがどんどんセルフ化している中で、人手を使ったガソリンスタンドのサービスが悪いのなら、人より機械の方が接客が上ということになります。

今のは極論ですが、ガソリンは原油価格に左右され、その上、究極のコモディティ商品なので、激しい価格競争にさらされます。

「景気が悪いから」「原油価格が上がったから」「政府が悪いから」

ガソリンスタンドの経営は、そんな言い訳がまかり通ってしまうような外的環境に左右される業種だということは、私も重々承知しています。

ただ、そのような他の要因を言い訳に、ガソリンスタンド自身の営業努力、経営努力を怠ってきたのが業界の現状ではないでしょうか?

元ブログのコメントを読んで、私は率直にそのように感じました。

もし、ガソリンスタンドが経営努力をしているのなら、価格以外で勝負できるガソリンスタンドがもっと出てきてもおかしくありません。

しかし、現状では、すべてのガソリンスタンドが同じに見えます。

どのスタンドを利用しても同じなら、消費者は価格で競合他社を評価するしかありません。

この事実は、ガソリンスタンド経営者自身が価格でしか消費者に訴えていないことを物語っています。

コモディティ商品だからこそ、「価格以外の売り」を打ち出さなければならないと私は考えます。

例えば、「迅速対応」を売りにしてはどうでしょうか?

今回の問題はガソリンスタンドの混雑時の問題です。

混んでいると経営側は効率を考え、お客はスムーズな給油を考えます。

他の業界の混雑回避のノウハウを参考にしてはどうでしょうか?

ディズニーランドやUSJは、混雑時の行列を避けたい客の為に、割り込みできるパスを発行しています。

割り込みされる客は優先された客がお金を払っていることを知っています。

ガソリンスタンドでも、多くのスタンドがせっかく会員制にしているのですから、有料会員制度を設けて、WEB予約制にして、有料会員には並ばずに優雅に給油ができるようにしてはどうでしょう?

有料会員専用のスタンドを1箇所用意する必要があるので、ある程度スペースが広いスタンドでしかできないかもしれません。

しかし、これならガソリン代以外の付加価値にお金を支払ってもらえる可能性があります。

いっそのこと、有料の会員制スタンドにしてしまって、ガソリンは仕入れ値で出すようにしてはどうでしょう?

これもWEB予約にて「並ばずにガソリンが原価で買える」ようにすればどうでしょう?

会費が収入源なので、ガソリンが売れようが売れまいが景気に左右されなくなります。

固定費を上回る利益が出るように会費を設定し、会員数を決めれば、超安定経営ができるかと思います。

ガソリンスタンド経営の素人でも、これぐらいのアイディアは出てきます。

いわんや本業でガソリンスタンドを経営されている方なら、もっと現実的で具体的なアイディアは出そうなものです。

今回のコメントの様子だと、スタンド経営が厳しいのは仕方ないから効率だけを考えるのは正当だと考え、そこで思考が停止しているようです。

業界全体が本当にこうした考えで染まっているなら、全国的に倒産や廃業が出てくるのは当然かもしれませんね。

ガソリンはストック収入を得られるリピート商品

ガソリンは、リピート商品です。

このブログのテーマのひとつがリピート商品によるストック収入です。

新規ユーザーを確保して、リピートをして頂ければ、売上はストックし、安定するはずです。

ただ、競合が激しいので顧客の囲い込みが必要です。

ガソリンはどこで買っても一緒なので、リピートしそうでしない、つまり、多くの客が浮気するのです。

浮気しない手を打たなければなりません。

既存のガソリンスタンドは、顧客の囲い込みに戦略を持っているとは思えません。

確かに多くのガソリンスタンドが会員カードを発行し、会員価格で提供しています。

でも、それだけです。

他のスタンドも同じようなことをやっているので、やっぱりどのスタンドも同じという意識になります。

利用しているガソリンスタンドからDMやメールが届いた経験はありますか?

会員なのに、そうした通知が来ないのはなぜでしょう?

会員制ビジネスの真の価値をガソリンスタンド側が理解していないのでしょう。

リピートしていただくには、ガソリンスタンド側のアプローチが必要です。

そうした営業努力もなしに、ガソリンスタンドはただただ、来る客をこなしているだけに見えます。

そして、経営が苦しいことを客に悟られる恥の意識もなく、効率を理由に客をないがしろにします。

経営が苦しい理由を外的要因に押しつけます。

ガソリンスタンドが倒産、廃業が相次ぐのはこうした意識が原因ではないかと、元ブログのコメントで感じました。

もちろん、中には営業努力、経営努力をし、激しい競争に打ち勝っているガソリンスタンドが存在することも申し添えておきます。

ガソリンスタンドが廃業する理由

 

●顧客囲い込みを戦略的に行えるツールならスマホポイントカードシステム

・毎月の売上がなぜ安定しないのか?
・店舗で安定売上のために必要な顧客の種類とは?
・顧客があなたのお店に戻ってこない理由とは?
・売上アップ達成のために必要な、たった3つの数値とは?
・戦略を学ぶことなく、導入するだけでファン客を確保するツールの正体とは?
・顧客をスマートにファンにする斬新な手法とは?

これらを学べる動画を公開中。

↓↓↓今すぐアクセス↓↓↓
http://poinest.majikomi.com/