モバイルフレンドリーかどうかで検索ランキングに明暗

去る2015年4月21日から、グーグルがスマホ最適化について「サイトがモバイルフレンドリーかどうかを検索順位に反映させる」と発表して5ヶ月になろうとしています。
▼グーグル社がモバイルフレンドリーなサイトかどうかをランキング要素に入れると発表

実施開始日からしばらくはランキングに変化はなかったのですが、ここへ来てモバイルフレンドリーなサイトかどうかで検索順位に明暗がわかれています。

すなわち、スマホ最適化をしたサイトについては、従来の順位で変化があまりありませんでしたが、スマホ最適化されていないサイトが軒並みランキングダウンの憂き目にあっているためです。

せっかく対策キーワードでベスト10入りしていたサイトが、モバイルフレンドリーでない為、つまり、スマホやタブレットでは見にくいサイトであるため、ランキング降下されてしまっているのです。

モバイルフレンドリーサイト

私が運営するサイトでも2件ありました。

多数のサイトを運営していて古いサイトほど、スマホ対応ができてなかったのがあだになりました。

クライアントのサイトも複数ありました。

こちらはサイト自体は他社が作成し、SEO対策やコンサルティングだけを担当していたサイトなどが対象になりました。

ただし、スマホ対応していない古くからのクライアントのサイトが2件ともランキング現状維持をしています。

これらのサイトの特徴は、頻繁に更新していること。

この現象を見ると、モバイルフレンドリーの要素がランキングに影響することはしますが、頻繁に更新がある生きているサイトはあまり影響しないことがわかります。

ほったらかしでサイト上位にいて、売上が上がっていたサイトはランキング降下により厳しい状態になってしまいました。

まあ、サイトは更新して常に最新情報を追加すべきなので、更新を怠った結果がランキング降下ということも言えるかもしれません。

何より、まだご自身のサイトがモバイルフレンドリーでない方は、お早めに対応をされた方がいいかと思います。

ご自身のサイトがモバイルフレンドリーかどうか以下のサイトでご確認ください。

スマホサイトSEOでランキング降下を防ぐ6つの対策

モバイルフレンドリーテスト

 

※まじコミュニケーションズの集客できるホームページ制作サービスなら、モバイル対応サイト制作するので安心です。