Pocket

ワードプレスでアドセンス広告を効率よく配置するのに最適なのがプラグインを使う方法です。

プラグインの名前はQuick Adsense。

このQuick Adsenseを使うことで、ワードプレスで運営しているサイトの上部や本文中、フッターなどにアドセンス広告が自動挿入されるようになりますので、広告を貼ることに気を取られることなく、コンテンツ制作に集中できます。

Quick Adsenseプラグインのインストールと有効化

使い方はカンタン。まずはQuick Adsenseプラグインのインストールと有効化を行ないます。ワードプレス アドセンス

ご自分のワードプレス管理画面へログインします。

左サイドバーのダッシュボード-プラグイン-新規追加をクリックします。

すると「プラグインの新規追加画面」が表示されます。

ワードプレス アドセンス「プラグインの新規追加画面」にある検索窓に「Quick Adsense」と入力し、検索ボタンをクリックします。

 

すると、検索結果のトップにQuick Adsenseプラグインが表示されるのが確認できます。

ワードプレス アドセンス

Quick Adsenseのすぐ下にある「いますぐインストール」リンクをクリックします。ワードプレス アドセンス

「本当にこのプラグインをインストールしますか?」ダイアログボックスが表示されます。

「OK」をクリックします。

インストールが自動で始まり、終了します。

インストールが終了しますと、下記の通り「インストールが完了しました」と表示されます。

ワードプレス アドセンス

この表示の下部にある「プラグインを有効化」リンクをクリックしますと、プラグインが有効化され、Quick Adsenseプラグインが使用可能な状態になります。

 Quick Adsenseプラグインの設定

Quick Adsenseプラグインを有効化しますと、管理画面からダッシュボード-設定をクリックした際にQuick Adsenseが表示されるようになります。Quick AdsenseをクリックするとQuick Adsenseプラグインの設定画面が表示されます。

ワードプレス アドセンス

 

 Quick Adsenseプラグインの設定1

Quick Adsenseプラグインの設定画面上部は、ブログのどの位置に広告を表示させるかの設定を行ないます。

ワードプレス アドセンス

①1ページに広告をいくつ表示させるかを設定します。グーグルの規約では1ページに3つしか表示できないようですので、デフォルトの3のままで結構です。

②ブログ記事のどの部分に、どの広告を表示させるかを設定します。

記事上部、記事中、記事下部など表示させたい部分にチェックを入れます。

どの広告を表示させるかは、次の設定画面でアドセンスタグの設定をしますが、ads1やads2など広告番号を指定します。

ランダムに表示をしたい場合は、「Random Ads」を選択します。

③広告を表示するページを指定します。投稿記事にだけ表示させたい場合は、「投稿」にだけチェックを入れます。

 Quick Adsenseプラグインの設定2

次に設定画面下部の方では、表示させたいアドセンス広告コードの設定を行ないます。

ご自分のアドセンスアカウントへログインし、広告コードの取得を行なってください。

取得したコードを設定画面下部へコピペします。

ワードプレス アドセンス

左側のAds1など広告番号は、設定画面上部の広告を表示させたい場所に対応しています。

要するに広告を表示させたい場所の設定を行い、そこにどの広告を表示させたいかは、こちらの広告番号で設定をするわけです。

広告コードを入れ、右側に広告の位置や余白の設定はそのままいじらなくても大丈夫です。

ワードプレス アドセンス「変更を保存」ボタンをクリックします。

これでQuick Adsenseプラグインの設定は完了です。

Quick Adsenseプラグインが設定どおりに反映されているかチェックをします。

今回の記事を確認してみましょう。

ワードプレス アドセンス

 

私の場合は、記事の上部、記事中、記事下部にアドセンス広告を表示させる設定で行なっています。

記事を投稿すれば、自動的にアドセンス広告の挿入ができていることを確認できれば、設定はうまく行っています。

Quick Adsenseプラグインの導入することで、アドセンス広告のクリック率が劇的に上がりました。

是非ともQuick Adsenseプラグインを導入されることをオススメします。

Pocket