ガソリンスタンドが廃業する理由

ガソリンスタンドの廃業、倒産が相次ぐ理由

Pocket

私が沖縄のガソリンスタンドの接客について、感じたことを書いたこちらの記事があります。

沖縄ガソリンスタンド店員に見る沖縄の県民性

この記事は沖縄のガソリンスタンドで体験したことを下に感じたことを書いています。

本日はガソリンスタンドでの体験を、ビジネス的な視点から考えてみたいと思います。

これらの体験がガソリンスタンドの廃業、倒産が全国的に相次いで起きている原因につながっていると感じています。

私は40数年を本土で過ごし、沖縄に帰って来て2年ほどで2回もガソリンスタンドで少し嫌な体験をしました。

これらの例は本土のガソリンスタンドでは全く体験したことのなかった例でした。

その為、沖縄のガソリンスタンド特有の体験として、ブログで共有しました。

コメント頂いたのは2件なのですが、いずれもガソリンスタンド従事者、アルバイトの方からでした。

2件ともガソリンスタンドを擁護するコメントでした。

正確に言うと不快な思いをした1回目の体験については、スタンドの定員の対応が悪いとのコメントでしたので、これはまあいいでしょう。

2回目の体験については、頂いた2件のコメントはいずれもスタンド店員の対応を擁護するものでした。

事の顛末の詳細はブログを読んでいただいたらわかるのですが、かいつまんで説明をします。

ガソリンスタンドが廃業する理由

ガソリンスタンドの常識は世間の非常識?!

私が沖縄のスタンドで体験したこととは次の通りです。

私は原付でガソリンスタンドに寄りました。

そのガソリンスタンドはセルフではなく、人手を使って給油をするスタンドでした。

私は自ら給油口のキャップを空けて、やってきた店員にレギュラー満タンを告げました。

店員は返事をしたので、そのまま給油作業に入ってくれるかと思っていました。

その時、私がいるスタンドの向こう側に車が滑り込んで来ました。

私の対応をするかと思っていた店員は、何も言わずに車の方へ飛んで行き、車の給油を始めるではありませんか。

私は驚いて、なぜこっちが先に給油口まで空けて待っているのに、車を先に対応するのか聞きました。

確かにすごい剣幕で聞いたのですが、店員は理由を答えることなく、ただただ小さくつぶやくように謝るだけでした。

理由がわからない私は、それが沖縄ルールかと思い、知人何人かに聞きまわりました。

すると、ヒアリングの結果は皆が店員の対応がおかしいとの結論でした。

ところが、コメント2件は、この沖縄のスタンドの店員を擁護するものでした。

いわく、原付を後回しにするのは「効率を考えて」当たり前の対応だと。

いわく、効率を考えて順番を前後するのは沖縄だけでなく、全国的な考えだと。

いわく、弁当屋や病院も順番が前後することがあるではないかと。

私はビックリしました。

お客の気持ちよりもお店の効率が優先されるのがガソリンスタンドの全国的な考え方だと言うのです。

これらのコメントに関する反論は、元ブログでしているので細かいことはここでは書きません。

ただ、これらコメントについてどう思うかも数人のお客代表に聞いてみました。

すると、やはり、本当にそれがスタンドの考え方の総意なら、スタンドはおかしいとの結論になりました。

元ブログのコメント欄は書き込みが少ないとは言え、まるで「お客の代表 VS スタンドの代表」の様相になってきました。

お客の都合よりスタンドの効率を優先する。

そんな考え方が本当に全国のスタンドに存在するなら、私はそれこそが、全国的にスタンドが倒産、廃業が増えている要因のひとつだと思わざるを得ませんでした。

明らかに世間の常識とスタンドの常識が乖離しているのです。

ガソリンスタンドが廃業する理由

ガソリンスタンドの倒産、廃業が多い理由とは?

このような店員による不快な対応が常識としてまかり通っているなら、セルフで対応してもらった方がまだ快適にスタンドを利用できます。

ガソリンスタンドがどんどんセルフ化している中で、人手を使ったガソリンスタンドのサービスが悪いのなら、人より機械の方が接客が上ということになります。

今のは極論ですが、ガソリンは原油価格に左右され、その上、究極のコモディティ商品なので、激しい価格競争にさらされます。

「景気が悪いから」「原油価格が上がったから」「政府が悪いから」

ガソリンスタンドの経営は、そんな言い訳がまかり通ってしまうような外的環境に左右される業種だということは、私も重々承知しています。

ただ、そのような他の要因を言い訳に、ガソリンスタンド自身の営業努力、経営努力を怠ってきたのが業界の現状ではないでしょうか?

元ブログのコメントを読んで、私は率直にそのように感じました。

もし、ガソリンスタンドが経営努力をしているのなら、価格以外で勝負できるガソリンスタンドがもっと出てきてもおかしくありません。

しかし、現状では、すべてのガソリンスタンドが同じに見えます。

どのスタンドを利用しても同じなら、消費者は価格で競合他社を評価するしかありません。

この事実は、ガソリンスタンド経営者自身が価格でしか消費者に訴えていないことを物語っています。

コモディティ商品だからこそ、「価格以外の売り」を打ち出さなければならないと私は考えます。

例えば、「迅速対応」を売りにしてはどうでしょうか?

今回の問題はガソリンスタンドの混雑時の問題です。

混んでいると経営側は効率を考え、お客はスムーズな給油を考えます。

他の業界の混雑回避のノウハウを参考にしてはどうでしょうか?

ディズニーランドやUSJは、混雑時の行列を避けたい客の為に、割り込みできるパスを発行しています。

割り込みされる客は優先された客がお金を払っていることを知っています。

ガソリンスタンドでも、多くのスタンドがせっかく会員制にしているのですから、有料会員制度を設けて、WEB予約制にして、有料会員には並ばずに優雅に給油ができるようにしてはどうでしょう?

有料会員専用のスタンドを1箇所用意する必要があるので、ある程度スペースが広いスタンドでしかできないかもしれません。

しかし、これならガソリン代以外の付加価値にお金を支払ってもらえる可能性があります。

いっそのこと、有料の会員制スタンドにしてしまって、ガソリンは仕入れ値で出すようにしてはどうでしょう?

これもWEB予約にて「並ばずにガソリンが原価で買える」ようにすればどうでしょう?

会費が収入源なので、ガソリンが売れようが売れまいが景気に左右されなくなります。

固定費を上回る利益が出るように会費を設定し、会員数を決めれば、超安定経営ができるかと思います。

ガソリンスタンド経営の素人でも、これぐらいのアイディアは出てきます。

いわんや本業でガソリンスタンドを経営されている方なら、もっと現実的で具体的なアイディアは出そうなものです。

今回のコメントの様子だと、スタンド経営が厳しいのは仕方ないから効率だけを考えるのは正当だと考え、そこで思考が停止しているようです。

業界全体が本当にこうした考えで染まっているなら、全国的に倒産や廃業が出てくるのは当然かもしれませんね。

ガソリンはストック収入を得られるリピート商品

ガソリンは、リピート商品です。

このブログのテーマのひとつがリピート商品によるストック収入です。

新規ユーザーを確保して、リピートをして頂ければ、売上はストックし、安定するはずです。

ただ、競合が激しいので顧客の囲い込みが必要です。

ガソリンはどこで買っても一緒なので、リピートしそうでしない、つまり、多くの客が浮気するのです。

浮気しない手を打たなければなりません。

既存のガソリンスタンドは、顧客の囲い込みに戦略を持っているとは思えません。

確かに多くのガソリンスタンドが会員カードを発行し、会員価格で提供しています。

でも、それだけです。

他のスタンドも同じようなことをやっているので、やっぱりどのスタンドも同じという意識になります。

利用しているガソリンスタンドからDMやメールが届いた経験はありますか?

会員なのに、そうした通知が来ないのはなぜでしょう?

会員制ビジネスの真の価値をガソリンスタンド側が理解していないのでしょう。

リピートしていただくには、ガソリンスタンド側のアプローチが必要です。

そうした営業努力もなしに、ガソリンスタンドはただただ、来る客をこなしているだけに見えます。

そして、経営が苦しいことを客に悟られる恥の意識もなく、効率を理由に客をないがしろにします。

経営が苦しい理由を外的要因に押しつけます。

ガソリンスタンドが倒産、廃業が相次ぐのはこうした意識が原因ではないかと、元ブログのコメントで感じました。

もちろん、中には営業努力、経営努力をし、激しい競争に打ち勝っているガソリンスタンドが存在することも申し添えておきます。

ガソリンスタンドが廃業する理由

 

●顧客囲い込みを戦略的に行えるツールならスマホポイントカードシステム

・毎月の売上がなぜ安定しないのか?
・店舗で安定売上のために必要な顧客の種類とは?
・顧客があなたのお店に戻ってこない理由とは?
・売上アップ達成のために必要な、たった3つの数値とは?
・戦略を学ぶことなく、導入するだけでファン客を確保するツールの正体とは?
・顧客をスマートにファンにする斬新な手法とは?

これらを学べる動画を公開中。

↓↓↓今すぐアクセス↓↓↓
http://poinest.majikomi.com/

Pocket

投稿者:

majikomi

まじコミュニケーションズは成果がなければ報酬が発生しないネット集客コンサルティング、SEO対策サービスを行なっています。 またデザインが気に入らなければ全額返金のちゃんと集客できるホームページ制作サービスを提供しています。

「ガソリンスタンドの廃業、倒産が相次ぐ理由」への10件のフィードバック

  1. 私は最近60年営業してきたSSを閉店しました 理由は貴方の云われている事とは全く違い失礼ながら見当違いとしか言えません ユーザーや元従業員より経営者数人から話を聞かれた方がいいと思います 皆さん苦しんでおられるので本音を言うと思います この場では云いたい事が有りすぎてとても書くパワーが有りません この問題は核心をついた意見を聞いた事が無いので期待して居ります

  2. 中舘様、コメントありがとうございます。勇気を出しての書き込み、歓迎します。60年もスタンドを経営されていたんですね。素晴らしいです。それだけで頭が下がります。

    60年継続されていた時点で、しっかりとユーザーのニーズを把握された上で経営されてきたことがうかがえます。この記事は、そのような経営努力を継続している素晴らしいスタンドについて言及したわけではありません。ご了承ください。

    「見当違い」ということについて具体的な言及がありませんので、よくわかりません。

    よかったら、今後少しずつでも中舘さんの思いもシェアさせてください。

    ありがとうございました。

  3. 横入り、失礼します。
    私も石油業界の関係者ですが、
    こちらの記事は大いにズレているように感じます。
    木を見て森を見ず、といいますか、
    たまたま見た一部分のシーンを全体像のようにとらえておられます。
    たとえば、たまたま入ったラーメン屋がまずくて対応がお粗末だったことから、
    ラーメン業界はダメだと言っているような。

    一般消費者の誤解を生むことを懸念しています。

    1. 田中さん、コメントありがとうございます。

      >こちらの記事は大いにズレているように感じます。

      どこがどのようにズレているかをご指摘頂ければと思います。

      よろしければ「ガソリンスタンドはどこも同じに見える」理由を教えてください。

      >木を見て森を見ず
      >たまたま入ったラーメン屋がまずくて対応がお粗末だったことから、ラーメン業界はダメだと言っている

      ブログをもう一度よく読んで頂くとご理解頂けると思いますが、僕はこんなスタンスで話を進めているわけではありません。

      あくまでも自分の経験とコメント欄のやりとりから、「お客の気持ちよりもお店の効率が優先されるのがガソリンスタンドの全国的な考え方の総意なら」という条件つきで、業界全体の問題ではないかと問題提起をしております。

      だからこそ「中には営業努力、経営努力をし、激しい競争に打ち勝っているガソリンスタンドが存在することも申し添えておきます。」とわざわざ言及しています。

      ラーメン業界は例として適当ではないと思います。

      なぜなら、ラーメン業界が熾烈を極める競争をしており、その味やサービスの進化には目を見張るものがあることは誰もが周知の事実です。

      だから「ラーメン店はどこも同じ」には見えません。

      >一般消費者の誤解

      僕も一般消費者の立場ですが、どんな誤解を生むのでしょう?

      田中さんは、ちゃんと一般消費者の方を向いて経営されていると自信がおありなのでしょう。

      だとしたら、ここでの議論を気にされる必要はありません。

      僕は御業界の方々の「客よりお店の効率を優先すると断言したコメント複数」に、とても疑問を感じただけです。

      御業界の方から批判的なコメントは頂けますが、この疑問に腑に落ちる回答を得られたことがないです。

      できれば、ガソリンスタンドの運営に、どんな苦労があり、どんな工夫をしているのか前向きな情報を教えてくださいね。

      規制も強そうですので、相当たいへんな思いをされながら経営されていることは、理解しているつもりです。

      ▼ここには一般消費者の意見も書き込まれていますので、ご参照ください。
      沖縄ガソリンスタンド店員に見る沖縄の県民性

  4. はじめまして、
    私は「masumiノート」というブログでガソリンスタンド業界についての記事を書いています。
    (兵庫県で夫婦でガソリンスタンドを営んでおります)
    こちらへは「ガソリンスタンド減少理由」というキーワード検索で訪問させて頂きました。

    ガソリンスタンドの減少の一番の原因は「卸格差(仕入れ値の格差)」だと知って頂きたいです。
    (仕入れの段階で常に10円、最大で18円にもなった業転玉との格差や、系列内格差)

    元売から運営費を出して貰っている(CA方式)店や、元売と資本提携関係にあり、マージン保証や事後調整(値引き)等がある特約店の直営店と同一商圏で競合している地場零細店のことを知って頂きたく思います。

    masumiノート「初めてご訪問くださった方へ」をご一読いただければ幸いです。

  5. 石田さん、はじめまして。コメントありがとうございました。

    ▼ブログはこちらですね?
    http://blog.goo.ne.jp/m128-i

    こちらにコメントされる業界の方は、どなたも感情的にコメントされるだけでしたが、石田さんのコメントはとても冷静で、すごく好感を覚えました。

    ブログはとても興味深いですが、なにせすごいボリュームなので、まださわりだけしか読んでいません。

    ブログを読んで率直に感じたのは、ガソリンスタンド業界はエンドユーザーにこうした事実を伝える努力をあまりされていないのではないかと思いました。

    石田さんのように裏も表もオープンにされた方がエンドユーザーは好感を覚えてファンになる方も多いかと思います。きっと、石田さんのお店はそんなファンの方で成り立っているのではないかと思いました。僕も近くに住んでいたら、必ず石田さんのお店を使いたいと思いましたから。

    仕入れ値に価格差があるとは驚きですが、だとしたら、やはり激しい価格競争によりスタンドが疲弊していることがスタンド減少の要因のひとつだということでしょう。僕の印象が裏付けられたとも感じました。

    石田さんのお店は価格以外の付加価値を顧客に提供していることがブログからうかがえます。こだわりや顧客のことを思って経営されていることが伝わってきます。だからこそ、不利な仕入れ値でも、高い売値でも顧客に支持されているのでしょう。

    またブログにちょくちょくお邪魔させていただきます。ありがとうございました。

  6. 知念様
    お忙しい中、お時間を割いていただき有難うございました。

    >ガソリンスタンド業界はエンドユーザーにこうした事実を伝える努力をあまりされていないのではないかと思いました。

    卸し格差、特に業転問題は“業界の闇”のようなところもありますので、表に出したくないという考えの業界人も多いのだと思います。
    でも知念さんのこと言葉を見て勇気を頂きました。

    「沖縄ガソリンスタンド店員に見る沖縄の県民性」も拝読させていただきました。
    確かに私も消費者の立場なら順番を抜かされるのは不愉快ですし知念さんのお怒りもごもっともだと思います。
    ただ残念ながらガソリンスタンド側の立場では「ご理解ください」としか言いようがないのです。
    車はノズルを挿したまま給油が出来ますが、単車はつききりでしか給油できません。
    そのためこのような場面では車にノズルを挿してから(車への給油の間に)、単車への給油を行う、というのは業界では普通の行動パターンとも言えます。(人員が十分あればそのようなことも起きずにすみますが)

    でも「ちょっと待ってくださいね」と、車のノズルを挿してから「お待たせしました」は言います。
    その“ひと言”がなかったことがいけなかったのではないでしょうか?
    その時の従業員の子も、恐らくそれに気づいて、あとは謝ることしかできなかったのかも知れません・・・

    この業界の“効率化”は、元売(上)からの流れです。
    地場業者はそれに抗いながら営業を続けてきましたが、20年近くも経ち、疲弊してしまいました。

    規制緩和以前は「全ての消費者は業界のお客様」でしたが、今は自己資産を食い潰しながら「自店の既存客を守る」のが精一杯です。

    ふらりと入ったガソリンスタンドが大手なら行き届いたサービスも受けられるかと思いますが、地場業者の場合はどうか事情を汲んでいただきご容赦くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

    長々と大変失礼致しました。

    お返事いただけたこと感謝します。
    ありがとうございました。

    1. 石田さん、コメントバックありがとうございます。

      ただ、石田さんのような熱心な方でも、やっぱり根っこの部分は顧客視点ではないんですね。

      コメントすごく残念に思いました。
       

      また、ほんとに相当たいへんな業界であるのだと感じました。

      確かに業界に問題があるかもしれませんが、それは顧客とは基本的に関係がない話です。

      顧客の満足より効率を優先することを理解してくれと言われても理解はできないです。

      石田さんもブログで高いと言われた顧客に、顧客には関係ないと言われたとお書きになっていますが、その通りだと思います。
       
       

      確かにいびつな業界のようですが、そろそろ「価格」や「効率」以外に焦点を合わせるべきだと僕は思います。

      利益が出ないなら、もっと値段を上げるべきかもしれません。

      そうすると、安ければ安いほどいいと考えている客は来ないでしょうから自然に客が洗練されます。

       
      「既存客を守る」ためにやっているなら、既存客だけは価格据え置きにして、

      既存客からガソリン以外の売上を上げられるように既存客にだけフォローを集中すべきじゃないかなと思います。
       

      既存客は必ずどこかで洗車しますし、必ずどこかでオイル交換しますし、必ずどこかで車検に出します。

      そう、必ずどこかでお金を落としているのです。

       
      これらの車に関する売り上げを、既存客から必ず石田さんのお店を通すように仕組み化すべきです。

      洗車もオイル交換も車検も自社で賄う必要はありません。

      外注すればいいわけです。
       

      既存客を他店に紹介して、紹介マージンがチャリンと落ちる仕組みにすれば、逆に手間も増えません。

      なんなら車以外の他店と提携してもかまいません。

       
      街の小さな情報ステーション的な位置づけにしてはいかがでしょうか?

      せっかくブログをやっていのですから、紙媒体のニュースレターも配布したりして。

       

      業界の理不尽を嘆いていても後ろ向きなだけです。

      このまま業界が変わるのを待っているのでしょうか?

      コメントやブログからは、どこかあきらめの気持ちが伝わってきます。

       
      厳しいこと、勝手なことを書いているようですが、

      僕が店主なら前を向いて、いろいろ考え、やってみるだろうことを書いています。

      不快になられたなら読み飛ばしてください。

      影ながら応援しています。

  7. お返事が遅くなり申し訳ありません。
    不快にはなっていません。
    ただやはり理解して頂くのは難しいのだと痛感致しました。

    アドバイスして頂いたようなことは多くの販売店が既に実践してきたことなのですが・・・

    「6万店以上あった販売店が半分になり、1日に4軒が廃業している」、この現実が全てです。

    これ以上お時間を頂戴するわけには参りませんので、これに対してのお返事は結構です。

    ありがとうございましたm(_ _)m

  8. 初めまして。
    たまたま、こちらの記事を見ましたので、コメントさせていただきます。
    僕は、学生時代からガソリンスタンドでバイトしていましたが、記事に書かれている様に、後から入られた乗用車を優先する場合も有りました。
    他の方のコメントの通り、二輪車は付きっきりになるからです。
    但し、その場合でも受付つまり給油準備は、先に済ませています。
    一人で回すと、こうなります。
    先に原付に給油を始めていたら、乗用車側に待ってもらいます。
    給油ノズルから手を離すと事故になりますから。
    こういう状態が納得できないなら、フルサービスよりセルフをオススメします。

コメントを残す