Pocket

 

僕の起業してから15年のストーリーを綴っています。

読みそこなっている方はこちらをどうぞ。

▼1回目
経済的自由への軌跡~起業から15年目の告白

▼2回目
経済的自由への軌跡~一歩外へ踏み出す

▼3回目
経済的自由への軌跡~副業から起業へ

 

1度目のブレイクから坂を転げ落ちるようにうまく行かなくなった僕がやり続けていたのが、ホームページを運営し、メルマガを発行し続けることでした。

そのうえ、インターネットマーケティングの通信講座を立ち上げました。

これには2つの目的がありました。

1つめが通信講座から継続収入を得ること。

2つめは講座生をビジネスへリクルーティングすること。

この2つが少し回り始めました。

この2つの目的以外に思わぬ副産物がありました。

人に教えることを始めると逆に自分自身が教えられ、受け身でいるよりはるかに多くのことが見えるようになったのです。

教えるために学ぶため、知識がどんどん入ってくるのです。

知識が増えるとアイディアが増えました。

このスキルは今でもどんな業界でも使えます。

ホームページやブログ、メルマガは人に教える視点で書くと専門家として認識され、商品の流通がしやるくなります。

その手法を広げれば、1億総専門家の時代になるのではないかと僕は感じています。

通信講座の副産物のもうひとつは、講座の一部が出版につながったという点です。

商業出版は、それだけで専門家として見られるので、人が集まりやすくなります。

本の出版がきっかけで、あるネットワークビジネス主宰会社の経営者から1通のメールがやってきました。

文面では、会社のコンサルティングをやってほしいとのオファーでした。

向こうからチャンスがやってきました!

僕はコンサルより流通する側でやりたいと伝えました。

コンサルは労働収入、流通者は一生型収入を得られるためです。

僕はトップリーダーとして登録しました。

その頃にはすでにビジネスの経験値も上がっており、知識も豊富で、その会社のプランの肝がすぐにわかりました。

バイナリーとユニレベルを合わせたシンプルなプランでした。

2回目のブレイクを迎えました。

なんと1か月目から会員数1000名以上、売上ベースで1000万越えの超速の記録を作ったのです。

ビックリしました。

この結果は低迷していた時期にコツコツ種を撒いて来ていた為に起きたと分析できました。

このビジネスでは、毎月自分が使う分だけ商品を購入していれば、組織流通からの売り上げコミッションが自動的に入るようになっていました。

今度こそ一生型収入の確立です。

ビジネスは順調に伸びていき、安泰の時間が訪れました・・・

とは行かなかったのです。

またしても問題が起きました。

メール1通で出会ったこの社長が曲者でした。

会員が急に増えたので有頂天になったのか異常行動をとり始めました。

まず、送料を一律600円 → 2100円に引き上げました。

急に会員の負担が1500円も増えたのです。

実質的な商品の値上げです。

会社にとっては150万円の売り上げ増です。

一気に10000人規模まで会員数を増やしたかった僕にとって横で社長にブレーキを踏まれた感じになりました。

最悪のタイミングでした。

まさにアベノミクスで景気浮揚の様相が出て来た時点で行った増税で、その勢いを完全に止めてしまった時と同じ状態でした。

予想通り、会員数が伸びる勢いが急速に落ちました。

社長が次に言い出したことが、会員を集めたセミナーでセミナーに来た人どうしで違うグループの人であっても気に入った人がいたらその人の下で登録が可能だとしたのでした。

そんなバカな・・・。

この話は一生型収入を否定する話です。

つまり、せっかく縁があって自分の下で作り育てたグループの方が、セミナーで出会った違うグループの人の下で再登録して逃げ出してしまうことになります。

自分の収入源がどんどん他に移動する可能性があるわけです。

これはトップリーダーの僕だけの問題ではありませんでした。

この社長はネットワークビジネスの一生型収入について、全く理解していないと思われました。

会社の利益だけを見つめているようでした。

社長は会員の話は全く聞き入れてくれませんでした。

そのうえ、昔、社長に逆らった会員をクビにした話を自慢気に繰り返しされていました。

この会社からしか収入減がなかった僕は社長に生殺与奪権を握られてしまっていました。

社長の施策に一応反対はしますが、顔色をうかがい、強く言えない自分がいました。

一応、何もしなくても収入は高値安定するようになっていました。

個人事業主なので何もしなくても個人の自由のハズでした。

社長から距離を置きたいと思いました。

ところが、何もしないとこの社長から連日電話がかかってきました。

僕がまるで部下のような物言いです。

電話口で怒られ責められる姿は、どこかの会社の営業マンでした。

僕が電話嫌いになったのは、この時のトラウマです。

それ以来、電話が鳴るだけで「ドキッ」とするようになったのです。

一生型収入が確立できながら、1年半後に崩壊の瞬間がやってきました。

社長が僕の完全なプライバシーに関する問題を他の会員に漏らしました。

そのうえ、僕が会員向けに出したメールに難癖をつけ始めました。

動かない僕に攻撃がはじまったのです。

彼もメルマガをやっていたのですが、全会員に向けて僕の行為を非難したのです。

これには耐えられませんでした。

反論のメールを投げると、今度はクビをにおわせるメールが帰ってきました。

あきらかに脅迫です。

僕の気持ちは完全にこの会社から切れました。

僕の先祖は武士です。

武士はお金よりプライド重視です。

僕は毎月の一生型収入を断念する苦渋の選択をしました。

このままこの会社にとどまっていても、社長の奴隷です。

それなら新天地に飛び出した方がいいと思いました。

僕は会員にだけはうそをつきたくなかったので、真実の話をメールしました。

社長からは除名の連絡が届きました。

2度目の挫折の瞬間でした。

急にリストラされたサラリーマンの気持ちがわかりました。

サラリーマンより悲惨だったのは失業手当もなく、何の保証もなく野原に放たれた点でした。

大きな不安と、少しだけせいせいした感がありました。

せっかく縁があって会員になってくれた方だけには申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

ところが、本当はこの会員さんたちが宝でした。

 

つづく

追伸;この会社での教訓はひとつの会社からの収入に頼っていると経済的自由は
実現できないと悟ったことでした。

自由な個人事業主のはずが、他の会社に生殺与奪権を握られてしまうと
精神の自由が制限されます。

大会社の値引き交渉にNOと言えない下請け会社の悲哀はまさにココにあるのでしょう。

Pocket