Pocket

 
僕の起業してから15年のストーリーを綴っています。
 
読みそこなっている方はこちらのバックナンバーをどうぞ。
 
▼1回目
経済的自由への軌跡~起業から15年目の告白

▼2回目
経済的自由への軌跡~一歩外へ踏み出す

▼3回目
経済的自由への軌跡~副業から起業へ

▼4回目
経済的自由への軌跡~2度目のブレイク

▼5回目
経済的自由への軌跡~歴史は繰り返す?

▼6回目
経済的自由への軌跡~裏ストーリー
 
これまで赤裸々に、僕の恥部も含めて起業からの経験をお話してきました。
 
これだけ自らをさらけ出すことは勇気が必要です。
 
せっかく勇気を出してさらけだしたので、僕の経験があなたの何らかの形で役に立てて頂ければ嬉しいのですが・・・。
 
特に現在起業を検討している方、あるいは脱サラをしたい方には参考になりましたでしょうか?
 
僕はいろいろな経験を通して、いろいろなことを学んで来たつもりです。
 
その中で最も重要だと思うことを今回は取り上げます。
 
 
それが、ノウハウよりもノウホワイという話です。
 
起業をする際に、どうしても多くの人がノウハウを求めます。
 
ネットで収入を得たいと考える人の多くが、真剣な人ほどノウハウコレクターになりがちです。
 
ノウハウというのは魔法の杖ではありません。
 
ノウハウとは日本語に直訳すると「どうやるかを知る」ということ。
 
要は、単にビジネスのやり方。
 
もちろんやり方は重要ですが、もっと重要なのはノウホワイ。
 
ノウホワイは僕の造語です。
 
直訳すると「なぜやるかを知る」。
 
つまり自分はなぜネットで収入を得るのかを知るということです。
 
そんなこと、わかっているからビジネスを始めるのではないかと反論されるかもしれません。
 
でも、なぜか世の中には、なんとなくビジネスを始める人が後を絶ちません。
 
 
先日、大阪から知人が遊びに来ました。
 
知人ですが、僕のクライアントでもあります。
 
ビジネスの話になりました。
 
あ、ちなみにその知人。
 
沖縄に来る際に、沖縄の観光情報をネットで探していたそうです。
 
その時に探し当てたホームページ。
 
なんと、僕が運営するサイトだったそうです。
 
それでビックリされていました。
 
その方とは「縁」が深いのかもしれませんね。
 
まあ、僕としては沖縄に関するいろいろなキーワードで調べても僕のサイトにたどり着くように対策はしているので、親せきをはじめ、友人などいろんな人が偶然僕のサイトにたどり着いてくれてます。→プチ自慢(^^;)
 
話を戻しますと、その方は僕が大阪にいる頃から「起業をしたい」という気持ちが満載でした。
 
でも、いろいろなビジネスの話を持ってきて、何度話をしても、結局何をしたいのかがわかりませんでした。
 
2年半ぶりぐらいに沖縄で再会しました。
 
話を聞くと、まだ迷っていました。
 
話が堂々巡りなのです。
 
いろいろ話を聞いていると、彼女の根底にある起業への動機が弱いと感じました。
 
彼女の旦那様はバリバリの役人であり、2人の娘も社会人になり、自立しているので生活に何の不自由はありません。
 
彼女自身も税理士事務所で仕事をしており、仕事には満足しているようです。
 
でも、何か起業をしたいと思っているのです。
 
一度、あるネットワークビジネスの話を持ってこられたので、主宰会社について、製品についていろいろ基本的なことを質問してみました。
 
彼女はその質問には全く答えられないようでスルーされました。
 
そのビジネスもすでに辞めてしまったようでした。
 
そのビジネスに対する最低限の情熱もないのに、一度はやろうと思われたのでしょう。
 
単に他人の話に影響されて、始めてみようと思ったのでしょう。
 
あなたはそんな人の話に心が動かされますか?
 
これが僕が言うノウホワイの欠如です。
 
ハウツーではなくて、ホワイツーです。
 
なぜ、そのビジネスをやろうと思ったのか?
 
起業の動機、ビジネスの動機があいまいなのです。
 
 
僕はお金の問題、家庭の問題が動機でビジネスをスタートしました。
 
お金の稼ぎ方は全くわかりませんでしたが、お金を稼がないとどうにもならないと切羽詰まっていたのです。
 
多くの成功者は動機が明確です。
 
多額の借金を抱えている人は、その分、ビジネスで成功をしやすいのです。
 
何が何でも売り上げを上げなければならないからです。
 
もうすでに起業をしている人も動機が明確です。
 
家族を食わさなければならないためです。
 
モチベーションとは、直訳すると「動機付け」です。
 
絶対に成功しなければならない。
 
燃えるような動機付け、ホワイツーが必要なのです。
 
それがないから何をしたらいいのかわからないと悩むのです。
 
僕の場合は一度頂点(有頂天でしたが・・・)に登りつめたら、ビジネスを継続する動機が不明確になりました。
 
 
最も大事なことがもう一つあります。
 
それは、やはり「自分の意識が現実を作る」というお話です。
 
実は僕が一番言いたくない、恥ずかしい話を暴露しますと、有頂天にいるときに僕に21歳年下の若い娘が近寄ってきました。
 
僕は恥ずかしながら彼女に身も心も溺れました。
 
仕事が全く手につかない状態でした。
 
組織が崩壊する気がしたり、収入がこのまま継続しない気がしたのは、まさにそういう思いを抱く動機があったのです。
 
そう、何も仕事もせずに収入が入って来て、入った収入以上に浪費をして、しかも若い娘に溺れて自堕落な生活を送っている。
 
このままでは何か罰を受けると思ったのです。
 
それが図星になりました。
 
その時は、天が愛想をつかし、天運に見放されたと思ったのです。
 
しかし、今から振り返ると罰を与えたのは天ではなく、自分自身だったのです。
 
自分が自分に懲役刑を科したのです。
 
お金が入るようになり、若い娘とつきあっていてもビジネスを調子よく継続している人は山のように存在します。
 
浪費家で自堕落でも、性格が悪くても何の問題なく裕福になっている人もいます。
 
しかも何代にもわたって。
 
僕は「自堕落な生活は罰を受ける」という思い込みから、僕が僕自身に懲役を科したのです。
 
つまり、すべての現実を僕の思考が引き寄せたのです。
 
僕は引き寄せの法則の強烈さを本当に心から感じ、腑に落ち、現実を受け入れ、それ以来、自分の思考に気をつけるようになりました。
 
現実を受け入れるようになってから、再度、天運も味方になり、お金も引き寄せるようになりました。
 
そして、お金と時間を持つ幸せで自由なライフスタイルを手に入れることができたのです。
 
あなたも起業の際には、動機と思考チェックを怠りなくしなければいけません。
 
いい思考を継続できればお金儲けはカンタン、あなたが持つ以上の力が働いてあれよあれよとあなたを夢の世界に運んでくれます。
 
逆の思考をお持ちなら、あなたはお金を稼ぐことに苦労しかねません。
 
どうせならいい思考を持って起業をすべきです。
 
 
ところで、僕の起業人生を通して、僕は一生型収入の確立、そして経済的自由の実現なくして真に幸せで人間らしいライフスタイルを手に入れることはできないと心から思いました。
 
しあわせの尺度は人それぞれ違いますが、ふんだんに入り続けるお金と、ゆったり流れる時間の両方を手に入れることで多くの人が真に自分の人生を取り戻せると思ったのです。
 
そこで、今回、僕が一生型収入を確立できた収入プログラムを公開することにしました。
 
それがバーチャル不労収入システムです。
 
このプログラムの特徴は、
1 自宅起業、ひとり起業が可能です。もちろん法人可。
 
2 ネットで完結でき、営業が不要なのでどこででも起業可能。
→ 特に僕のように地方在住の方に活用していただきたいと思っています。
 
3 一度やった仕事から継続して何年も収入を生み続ける
 
 
起業をしたとしても、経済的自由を得られる起業スタイルでなければ、サラリーマン時代以上に長時間勤務を強いられ、夢の実現が遠のく可能性があります。
 
バーチャル不労収入システムに関心がある方は、僕からの次のメールをお待ちください。
 
つづく

Pocket