英語ホームページ

英語ホームページ制作で早速集客効果を発揮!

Pocket

最近、英語ホームページを制作しました。

アメリカやカナダなど北米に宇治茶を販売したいというクライアントの要望で制作したものです。

英語への翻訳は専門の翻訳家に外注の上、ホームページ制作を行いました。

お茶の販売ですので、ネットショップになりますが、海外への販売ということを考慮して、カートや決済はペイパル(paypal)を提案、制作しました。

ペイパル(paypal)は元々、アメリカ生まれの決済サービスですので、もちろん英語対応。

というか、もともと英語のサービスです。

英語対応カートならペイパル(paypal)を使うべきです。

その他のオプション

英語ホームページ制作に最適な決済方法

以前に私自身がネットショップを運営する際に、いろいろなカートやクレジット決済システムを調べたことがあります。

ペイパル(paypal)は基本料金無料で手数料3.6%+40円(国内、海外だと3.9%)で使うことができ、カートもクレジット決済も提供できるので、安くて便利です。

ペイパルアカウントから自分の口座へお金を引き出す際には、手数料250円がかかります。

トータルで考えても非常に格安料金でカートやクレジット決済の導入が図れます。

カートを導入する上に、クレジット決済を導入すると二重の基本料金や手数料がかかりますからね。

私自身のサイトではクレジット決済のみで活用していますが、海外販売だと安価にカートやクレジット決済が導入できるペイパルは便利です。

http://majikomi.com/orderform/

弱点は現金決済ができないところですが、北米マーケットなので現金決済は不要と判断しました。

北米では、小切手やクレジット決済が主流の為です。

日本人相手の本格ネットショップだと現金振込み、クレジットカード決済、コンビニ決済など多種多様の決済方法が必要かもしれませんね。

英語ホームページ制作

英語ホームページの集客手段

英語圏のマーケットへのアプローチ方法は、今のところグーグルアドワーズ広告やフェイスブック広告が有効です。

グーグルは全世界に進出していますし、フェイスブックも世界中にユーザーがいます。

そのため、地域を限定して広告を出すことが可能です。

グーグルはキーワード広告になりますが、フェイスブックでは男女や年齢などより細かいセグメントでの広告出稿が可能です。

私のクライアントもアドワーズ広告から、いきなり売り上げが上がって喜んで頂けました。

うれしいことにさっそく売り上げが上がりました。カナダの方で\5,000-の抹茶です。
知念様に作ってもらってよかったです。今後ともよろしくお願いします。

シンプルですが、こういうメールを頂ける事が、こういう仕事の最大の喜びです。

ますます頑張らねばと思わされます。

ありがとうございました。

「京都」ブランドは、世界中で通用する憧れのブランドですので、高い送料を支払ってでも購入する客は存在します。

日本茶以外でも「京都」ブランドをお持ちの方は世界に発信すべきだと思います。

英語圏のマーケットは非常に広いですので、英語ホームページは非常に威力を発揮します。

英語ホームページの制作をお考えの方は、是非、ご相談下さい。

 

Pocket

投稿者:

majikomi

まじコミュニケーションズは成果がなければ報酬が発生しないネット集客コンサルティング、SEO対策サービスを行なっています。 またデザインが気に入らなければ全額返金のちゃんと集客できるホームページ制作サービスを提供しています。

コメントを残す