youtube収入

youtube(ユーチューブ)収入が半減?youtubeバブル終焉の始まり?

Pocket

昨年からテレビでもよく取り上げられ、その存在がメジャーになりつつあるyoutuber(ユーチューバー)。

そう、youtube(ユーチューブ)への動画投稿により広告収入だけで生活している人たちの事。

いまや小学生の憧れの職業としてあげられるほどとか。

youtuber(ユーチューバー)に憧れるあまり、犯罪に手を染めてまでアクセスを集めようという輩もいたことは、記憶に新しいところです。

動画を制作し、アップする事で収入を得られる。

こんなビジネスモデルが生まれるとは、ひと昔前までは考えられないことでした。

動画制作は番組制作会社の独壇場であり、発表の場もテレビだけに限られていました。

youtube(ユーチューブ)は、個人メディアの時代の本格的な到来を象徴しているようです。

無料アクセスアップ

youtube(ユーチューブ)バブルの到来と崩壊の始まり

そんなyoutuber(ユーチューバー)の収入も、これまでは右肩上がり。

中には億を稼ぐ個人も出てきて、企業と契約をするプロyoutuber(ユーチューバー)の存在も明らかになりました。

ところが、このyoutube(ユーチューブ)の広告費が半減したというニュースが駆け巡ったのです。

これまでyoutube(ユーチューブ)の動画広告費は、1再生0.1円ほど獲得していたそうです。

私も投稿している動画に広告をつけていますが、正直この仕組みがよくわかりません。

動画再生中に出る広告をクリックされれば収入になるアドセンス広告なら知っていますが・・・。

それはともかく、1再生0.1円なので10000回再生されて、ようやく1000円。

youtuber(ユーチューバー)は10万回とか100万回とか再生される動画を制作して生計を立てるほどになっているわけです。

1本の動画だけでそれだけの再生回数を得られる事は稀なので、彼らはどうしているかというと、毎日、動画をアップしてトータルの再生回数を稼ぐわけです。

毎日の動画投稿を続けることで、複利の力が働き、雪だるま式に広告収入が増えて行くのでしょう。

しかし、それが、たった一瞬で半減にされたというのです。

によると、ある日突然、1再生が0.1円→0.05円と半額になったそうで、50万円稼いでいた人は25万円。

これは悲劇ですね。

いよいよyoutube(ユーチューブ)バブルの終わりの始まりなのでしょうか?

広告費は需要と供給で決まる!

しかし、冷静に考えると広告費は入札で決定されているわけで、広告主が増えれば広告単価は上がり、媒体(youtubeの場合、ユーチューバー)の収入はアップします。

広告主が減れば、需要と供給の関係により、広告費は下がり、媒体の収入も減ります。

今回の広告費の急速な下落は、広告主が急に減る事はあまり考えられませんので、媒体が増えた(動画投稿をする人が増えた)ことが原因かもしれません。

需要が一定で供給者(サプライヤー)が増えたら、広告費は下落しますからね。

youtube(ユーチューブ)の動画広告が登場して以来、youtube(ユーチューブ)広告はバブル期にあったのだと思います。

これまでは、とにかく動画を投稿すれば一定のアクセスが自動的に集まり、収入になったわけで、まさにバブル期の入れ食い状態が続いていた。

それが、今回バブル期の終焉の始まりが訪れたに過ぎないのかもしれません。

半減は痛いかもしれませんが、youtube(ユーチューブ)バブルの崩壊の始まりにより、市場も淘汰され、今後は広告費も安定するかと思います。

実はグーグルアドセンス広告がyoutube(ユーチューブ)広告と同じように推移しています。

アドセンス広告もスタート時、アドセンスバブルが到来、アドセンス収入で生計を立てる人が続出しました。

私の知人もそのうちの一人でしたが、競合が少なかった為、アクセスを集めるのは今より楽だったようです。

ただ、広告主も少なく、アドセンス広告費はやはり1クリック1円未満でした。

それでも彼は鬼のように複数サイトを制作し、アクセスを集め、月に30万円のアドセンス収入を得ていました。

ところが、その後のアフィリエイトブームがアフィリエイターの増加をもたらし、アドセンス広告費は下落の一途。

私は当時のクリック単価を聞いて、全くやる気になりませんでした。

その後、アドセンス広告はどうなったかと言いますと、広告費は高騰しているのです。

私自身は広告主としてアドワーズなどの検索エンジン連動型広告を使っていたので、広告費の高騰は実感としてありました。

キーワードによっては大手以外は絶対に手を出せないぐらい、高いものとなっていました。

広告費高騰の原因は、広告主の増加が主な原因でしょう。

そこで、気がつきました。

アドセンス広告のクリック単価も上昇しているのではないかと。

結果は思った通りでした。

1クリックあたり素敵な金額になっていたのです。

そこで私も副業としてアドセンスに真剣に取り組むようにしたのです。

アドセンス広告単価の上昇は広告主の増加と、恐らく、アフィリエイターの淘汰にあると思われます。

グーグルSEO対策のルール変更により、大量に作成されていたゴミサイトが淘汰されたことで広告収入を得る媒体が減り、アドセンスの単価が上昇していると考えられます。

今月これまでの平均クリック単価は、なんと35円です。

こんな事を書くと、またアドセンスに人が集まりそうでイヤですが、当時と違い、今はサイト作りも真剣にやらなければいけないので少し敷居が高くなっていると思います。

考えてみてください。

必死で動画を制作して、再生1回で0.05円。

今後は動画をアップしただけでは、なかなかアクセスも集まりにくいことが予想されます。

そんな中で苦労して0.05円。

かたや記事を書く苦労はありますが、記事を書き、広告を貼り、アップして、クリックされたら収入が発生する。

私はバブルが去った後のアドセンスで、落ち着いて、正当に収入を確保していくことにはまっています。

youtube(ユーチューブ)もバブルが崩壊し、多くの人があきらめた時がチャンスです。

必ず広告費は高めに戻ってきて、その頃には一攫千金の輩はマーケットを去っていて、あなたの独壇場になることでしょう。

そこで広告主の利益につながるような質のいい動画を投稿し続ければ、きっと本当の意味で正当なビジネスとして収入を確立できることでしょう。

バブル期は詐欺師、ペテン師のたぐいや一攫千金を狙うギャンブラーが集まりますが、彼らが去った後は穏やかで静かな魅力的な市場となることでしょう!

 

Pocket

投稿者:

majikomi

まじコミュニケーションズは成果がなければ報酬が発生しないネット集客コンサルティング、SEO対策サービスを行なっています。 またデザインが気に入らなければ全額返金のちゃんと集客できるホームページ制作サービスを提供しています。

コメントを残す