ラットレースから抜け出す方法

Pocket

 
▼ラットレースから抜け出す方法はタイムフロー管理の徹底
▼投資する収入タイプの選択を間違えない
▼中高年こそ時間を投資しよう

働いても働いても経済的な問題が解決しない。夢や目標を持っているけれども、そこに向かって前進している気がしない。そんなあなたは、ラットレースにはまり込んでいるのかもしれません。

もし、あなたがラットレースから抜け出したいと望むなら、時間についての考え方を変える必要があるかもしれません。

以前にこのサイトで、ネットの集客方法は「お金」を使うか「労力」を使うかの二通りだというお話をさせて頂き、「お金」を使うネット集客の方法をお伝えしました。→ネット集客方法~有料広告への心構え

お金の使い方には「消費」と「投資」があり、「投資」すなわち有料広告へ定期的に使うことで「収入」につながるキャッシュフローを作ることが大事だというお話をしました。

このキャッシュフローの管理をうまく行うことがラットレースから抜け出すチャンスになります。

今回はネット集客方法のもう一方の手段。「労力」を使う方法についてお伝えします。

労力=時間とらえていただければいいのですが、時間を「収入を生む」仕事や作業に投資することでタイムフロー(私の造語です。キャッシュフローに対比してタイムフローとしました)を改善することがラットレースを抜け出す方法となります。

ラットレースから抜け出す方法はタイムフロー管理の徹底

どんなに成功者でも、普通の人でも、男も女も年をとっていても、若くても、人間誰もが同じだけしか与えられていないもの。それが「時間」です。

朝起きたら万人に等しく与えられているのが「24時間」という時間です。

この時間の使い方にラットレースを抜け出す方法が隠されています。

お金の使い方には「投資」と「消費」があるとお伝えしましたが、時間の使い方にも「投資」と「消費」があります。「投資」とは将来的に収入を生むのに対して「消費」は文字通り消えてなくなるものです。

詳しく見ていきましょう。右図の通り、①のタイムフローと②のタイムフローの違いを理解してください。

ラットレースから抜け出す

①時間の投資と②時間の消費

①時間の投資・・・将来的に収入の見返りが期待できる事柄へ時間を投入すること

②時間の消費・・・将来的な収入の見返りが期待できない事柄へ時間を投入すること

ひとつ注意して頂きたいことは、この記事においては「ラットレースから抜け出す方法」をメインテーマにしていますので、「収入」をものさしとして時間をとらえています。

 

人生には一見無駄な時間と思えるような時間も必要なことは私も十分承知しています。

時間の投資と消費の例を挙げようとしましたが、遊んでいる最中にもビジネスのアイディアが生まれたりしますし、壮絶な体験がのちにお金を生む貴重な体験になるかもしれません。

家族と過ごす時間、友情や愛情を育む時間も大事な時間です。収入以外の、人生を豊かにする時間を否定するつもりは全くないことをお断りしつつ、ここでは将来的な収入につながる時間を「時間の投資」と定義しています。

つまり、時間の投資や消費は自分自身がそのものさしを持っていると考えられます。今自分がやっていることは将来的な収入につながるのかどうかを常に問いながら行なう必要があります。

本当に将来につながるような時間の使い方をしているのか自分自身で見極めなくてはいけません。

投資する収入タイプの選択を間違えない

タイムマネジメントの本が世の中には溢れていますが、時間の投資先についての選別がしっかりできていないと「ラットレースから抜け出す」事にはなりません。

例えば仕事をしている時間は、「時間の投資」に当てはまりそうですが、その仕事が他人をお金持ちにする仕事だと「時間の消費」にしかなりません。つまり、サラリーマンの方は残念ながらどんなに高給でも、本業は「時間の消費」にしかなりません。

サラリーマンは自分の時間を切り売りしているという現実には変わりがないためです。

ただし、サラリーマンが本業の時間を将来の自分のビジネスの為の勉強の時間として、あるいは人脈作りの時間としてとらえるならば、その時間は投資に変わります。

その為、サラリーマンはお金をもらって将来の勉強をさせてもらっているという考え方も成り立つのです。

自分自身のとらえ方で180度変わるわけです。

その為、同じサラリーマンが本業に同じ時間を費やしたとしても、その人の心構えひとつで消費にもなるし、投資にも変わるわけです。

この事実はネガティブ思考、ポジティブ思考に通じる部分があります。

ラットレースを抜け出す上で、是非とも時間を投資したい収入タイプについて説明します。

収入タイプには大きくわけて2種類あります。一時収入と継続収入です。

サラリーマンの収入は一時収入。自分の労働について時間単価で入ってきます。自分が働かなくなると収入が途切れてしまいます。

一方の継続収入には、一生型収入、権利収入、不労所得、ストック型収入などがあります。

その定義は「一度行なった仕事から継続して入るタイプの収入」です。

ラットレースから抜け出す

サーバーは現代の不動産

例えば不動産の賃貸収入、株の配当金、ネットワークビジネスの権利収入などがあげられます。ネット時代はこれにサイトからの継続収入も加わっています。

サイトは現代の不動産。サーバーをレンタルすることによって生まれる収入などは不動産賃貸収入に近いですね。サーバーのバーチャルスペースを貸すことで継続課金ができるわけですから。

アフィリエイトサイトが継続的なアクセスを確保できれば、それは権利収入を生み出していきます。

ラットレースを抜け出す為には、こうした継続収入の確立の為に時間を投資する必要があります。仕事をしてもしなくても継続収入が確保できていて、その収入が毎月の支出を上回った瞬間がラットレースからの脱出でありファーストトラックへ移動するということなるのです。

中高年こそ時間を投資しよう

若い時と中年以上になってからの時間の感覚はまるで違いますが、年をとればとるほど時間の大切さは身にしみます。

年をとればとるほど1分、1秒が無駄にできません。

だからこそ、焦って手っ取り早い方法を探して詐欺的商材に出会ってしまったり、本当に詐欺にあってしまったり、いろいろな失敗をします。どんなに優れた塾に入ってもノウハウばかりを集めても、自分が実践をしなければ一円にもなりません。

実践をしなければ、(趣味で小説などを読む時間を除いて)本を読んでいる時間やノウハウを集めている時間は消費となってしまいます。

焦る気持ちはわかりますが、「ローマは一日にしてならず」というようにコツコツ積み上げて行くしかありません。

もし、あなたが中高年であり、他に自分のビジネスを持たず、ネットで収入を望むのならアフィリエイトは最適な収入の手段になり得ます。アフィリエイトサイトはコツコツとページを増やし続けるに勝るノウハウはありません。

ラットレースから抜け出す

ラットレースから抜け出す

アフィリエイトサイトへ時間をかける行為は、まさに「時間の投資」ということになります。これはアフィリエイトに限らず、ネット集客の方法にもつながりますが、毎日コツコツ記事の投稿を続けること。これがラットレースを抜け出す遠いようで早道になります。

もし、あなたが学生ならお金はもっていなくても、最も大きな武器をお持ちです。それは「時間」です。社会に出ると自由に使えないのが「時間」です。学生時代にしか出来ないこと、恋愛、レジャー、部活、友達づきあい。大事な時間はたくさんあるでしょうが、是非、将来への投資の時間もとってみてください。

時間の使い方次第でラットレースから抜け出すことができるのかどうか、結論は将来にしかわかりませんのでご注意を!

ラットレースを抜け出すビジネスプランを無料公開中!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

★★★無料ウェブセミナー★★★

「自宅で経済的自由を実現するバーチャル不労収入システム」

を好評公開中!
◎このウェブセミナーを視ることで、あなたが手に入れるもの
◆起業して余計にひどいラットレースにはまり込む理由とは?
◆多くの起業家が大金を稼ぎながら不幸になる理由とは?
◆ラットレースを抜け出す方法
◆一生型収入とは?
◆一生型収入の事例
◆経済的自由とはどんな状態?
◆経済的自由を実現して得られる3つの自由
◆一生型収入を実現できるビジネスモデル
◆支払う側から受け取る側へ
◆バーチャル不労収入システムの全貌
◆Get Freedom Programのご紹介
◆バーチャル不労収入システムの不労所得モデル
▼動画はこちらから視聴できます。
今すぐご視聴ください。
http://kigyo.majikomi.com/
起業をご検討の方、脱サラしたい方、新規事業をご検討の方、
ラットレースを抜け出したい方には必ずお役に立てる内容になっています。

今すぐご確認ください。
http://kigyo.majikomi.com/

Pocket

ラットレースから抜け出す方法” に対して1件のコメントがあります。

  1. I was looking at some of your content on this internet site and I think this website is really informative ! Retain posting .

    1. majikomi より:

      I am sorry. I can not understand English. But, Thank you for your feedback.

コメントを残す