権利収入とは

権利収入とは普通の人が自由を得る為の唯一の方法

Pocket

権利収入とは一度やった仕事が5年後も10年後も評価されて入り続けるタイプの収入と定義づけられます。

よく権利収入と不労所得を混同されているケースがありますが、不労所得とはお金や不動産などの資産が収入を生むケースなど、労働の対価としてではなく投資の対価として得られるタイプの収入となります。

一方の権利収入とは労働の対価として得られるタイプの収入であり、労働収入との違いは一度行なった労働が権利を生み、その権利から継続収入を得られるのが権利収入になります。

権利収入とは一度行なった労働が生み出す継続収入

例えばCDや本などの著作物の作者は、「歌を作る」「小説を書く」などの労働をいったんは行なわなければなりません。

ただし、通常の労働収入は労働を辞めると、とたんに収入が途切れる、つまり、自分が持っている時間を収入に変換するタイプの収入であるのに対し、権利収入は労働を辞めても、労働から派生した権利が収入を生み続けるタイプの収入になります。

作者が行なった労働は有限の時間ではありますが、労働の結果、生まれてきた著作物が売れ続ける限り収入が生まれます。

これが権利収入の本質になります。権利収入とは

不動産の家賃収入は、不動産という資産が収入を生み出すので不労所得という性質を持っていますが、最初に店子を探したり、不動産を整備したりという労働が必要になります。その為、不動産の家賃収入は権利収入的側面を持っています。

他にも権利収入は様々ありますが、権利収入を確保するにはたゆまない労働という努力が必要なことを覚えておいて下さい。

その上、権利収入が継続して入り続けるにはメンテナンスも必要になります。

上記の例で行くとCDや本が売れ続ける為、あるいは店子が家賃を払い続けるためのメンテナンスが必要になります。

ネットワークビジネスも権利収入が得られるビジネスモデルですが、最初に自分から派生する流通網を作るという労働が必要になります。また作った流通網に商品を流通させ続けるメンテナンスが必要になります。

つまり、権利収入は不労所得に近くはなり得ますが、決して不労=働かなくていいわけではありません。

ココをはき違えてしまうと私のようなミスをする可能性があります。

私は過去にあるビジネスで権利収入を確保し、数年間は何もしなくても食べて行ける状態にありました。

そこに甘んじてしまい、権利収入のメンテナンスを怠った為に収入が先細り、慌てた経験を持っています。

権利収入の本質と不労所得とを混同したために犯したミスでした。

権利収入には労働が必要です。

ただ、レバレッジが効くために、一度の労働が継続収入を生む素敵な収入タイプが権利収入になります。

ネットの出現で権利収入の確保への敷居が低くなりました

作家の著作権収入などは才能がなければ難しく、不動産収入も不動産という高額の投資が必要であり、唯一、普通の人が夢を持てるネットワークビジネスについても、市場の飽和と人口減少により困難な現状がある上、口コミが苦手な人には敷居が高いものでした。権利収入とは

では、普通の人でも確保できる権利収入は他に存在しないのでしょうか?

実はインターネットの出現により、権利収入の確保への敷居は低くなりました。

前回、ストック型ビジネスモデルの話をしましたが、その時に言及したレンタルサーバーなどはバーチャル不動産業であり、権利収入を得られるビジネスモデルになります。

▼ストック型ビジネスモデルの確立が起業の成否を決める

その際に私が行なっているホームページ制作業などストック型ビジネスモデルは、権利収入を確保できるタイプのビジネスモデルになります。

そのほか、ストック型収入を生み出すストック型の商材を扱うことであったり、どんな業種でも会員制ビジネスなどストック型ビジネスモデルの構築の為に働くことは、権利収入を確保するために働くことになります。

ネット起業をするなら、権利収入の確立を目標にすべきだと私は思います。

また、実はアフィリエイトも権利収入を生み出せるチャンスでもあります。

私がオススメしているコンテンツアフィリエイトなどは、グーグルにどんどんインデックスされ、ロングテールキーワードで上位表示されていきますので、アクセス数がどんどん増加していきます。

アクセス数が増加するのと比例してアフィリエイト収入が増加していきます。

これはつまり、構築するサイトから継続して収入がもたらされるわけで、構築するサイトは資産化していくことになります。

一度、サイトの構築という労働を行なう必要がありますが、検索エンジンからのアクセスの流入が安定すると多少のメンテナンスだけでの自動運営が可能となり、半永久的に収入が継続する可能性があります。

どうせアフィリエイトをするなら、こうした権利収入を目標に行なえば、挫折を防ぐことができ、ワクワクして取り組むことができることでしょう。

権利収入とは、自由な時間を生み出す収入タイプ

アフィリエイトサイトから安定した収入を生み出せるようになれば、それほど時間をかけなくてもよくなります。

つまり、権利収入とは自由な時間を生み出すことが可能な収入タイプと言えましょう。

権利収入を確保できれば、自由なライフスタイルを実現できます。

これは私自身が体験していますので、間違いのない事実です。

それはつまり、コンテンツアフィリエイトへ真剣に取り組むことは、単に収入を得る手段としてだけではなく、自由を実現するための夢のビジネスと言えるわけで、人生をかけてでもやるべき仕事だと考えられます。

なぜなら、現代日本で資産も能力も持ち合わせてない普通の人が自由なライフスタイルを得る唯一の手段が権利収入の確保だと考えるためです。

権利収入とは

いくら収入が高くても、その収入タイプが労働収入であれば、「収入が高ければ高いほど自由がなくなっていきます。」

高い給料を得ているサラリーマンや高い報酬を得ている医者、弁護士でも労働を時間を収入に変換するビジネスモデルなので、時間がどんどん削られていくわけです。

つまり、彼らは自分の時間の小売しているようなものです。

それに対して権利収入の確立は、自分の自由な時間を得るための手段。

私はどんなビジネスを始めるときも、いつも、この権利収入を得られることを目標にしてきました。

権利収入を確立できれば、家族と過ごす時間、旅行に行く時間、好きなことをする時間が確保できます。

時間は誰にでも平等に与えられている資産。

どう使うかはあなた次第ですが、使い方を間違えると、最後の瞬間にきっと後悔することでしょう。

権利収入の確立に全身全霊をささげても損はないと私は思います。

この記事のアクセスが多かったので、権利収入についての記事を増やしました。是非、ご一読下さい。
※追記2015年3月2日
▼権利収入を実現する方法

僕のパートナー募集中です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

★★★無料ウェブセミナー★★★

「自宅で経済的自由を実現するバーチャル不労収入システム」

を好評公開中!
◎このウェブセミナーを視ることで、あなたが手に入れるもの
◆起業して余計にひどいラットレースにはまり込む理由とは?
◆多くの起業家が大金を稼ぎながら不幸になる理由とは?
◆ラットレースを抜け出す方法
◆一生型収入とは?
◆一生型収入の事例
◆経済的自由とはどんな状態?
◆経済的自由を実現して得られる3つの自由
◆一生型収入を実現できるビジネスモデル
◆支払う側から受け取る側へ
◆バーチャル不労収入システムの全貌
◆Get Freedom Programのご紹介
◆バーチャル不労収入システムの不労所得モデル
▼動画はこちらから視聴できます。
今すぐご視聴ください。
http://kigyo.majikomi.com/
起業をご検討の方、脱サラしたい方、新規事業をご検討の方、
ラットレースを抜け出したい方には必ずお役に立てる内容になっています。

今すぐご確認ください。
http://kigyo.majikomi.com/

Pocket

投稿者:

majikomi

まじコミュニケーションズは成果がなければ報酬が発生しないネット集客コンサルティング、SEO対策サービスを行なっています。 またデザインが気に入らなければ全額返金のちゃんと集客できるホームページ制作サービスを提供しています。

コメントを残す