コンテンツアフィリエイトで継続収入を得る方法

コンテンツアフィリエイトは、サイトアフィリエイトの中でも主流を占めるコンセプトになって来ています。

良質なコンテンツを量産して行けば行くほど、それだけでアクセスが増加していき、アフィリエイト収入も増加の傾向にあります。

アフィリエイトは基本的に一時的な収入

ところで、コンテンツアフィリエイトで生計を立てるためには、紹介するアフィリエイト商材にも気をつける必要があります。

私はもともとアフィリエイトには懐疑的でした。コンテンツアフィリエイト

アフィリエイトの広告主としてアフィリエイターを使っていた経験はありましたが、アフィリエイト自体をやるつもりは全くありませんでした。

なぜなら、アフィリエイトで得られるのは基本的に一時的な収入。

広告がクリックされたり、物が売れたら収入になりますが、すべて一時的な収入。

逆に広告主としてアフィリエイト経由で獲得したユーザーが、継続売上をもたらすことを期待していたわけです。

もちろん、今でもアフィリエイト広告は利用しています。

継続収入になるメリットが大きいためです。

継続収入や権利収入の大切さは以前に記事にしています。

▼ストック型ビジネスモデルの確立が起業の成否を決める

▼権利収入とは普通の人が自由が得る為の唯一の方法

アフィリエイターは、自分が獲得したアクセスを広告主のサイトに流したら終わりです。

その為、常にアクセスを送り続けないと収入が継続しないので、労力の割にはうまみがないと思っていました。

しかしながら、コンテンツアフィリエイトはコンテンツを作り続ける必要はありますが、検索エンジンからのアクセス流入が安定すれば、収入も継続し安定することが理解でき、これはこれで非常に素晴らしいビジネスだと感じています。

コンテンツアフィリエイトで継続収入を得る方法

コンテンツを作り続けて検索エンジンから継続的なアクセスの流入を図り、そのアクセスを広告へ誘導することでアフィリエイト収入を確立する。

コンテンツアフィリエイトこの仕組みができあがり、アフィリエイトで生計を立てられるようになるには数ヶ月から1年ほどの時間を必要とします。

このことは以前にも記事に書いています。

▼コンテンツアフィリエイトの秘訣は時間を味方につけること

それもいいんでしょうが、もう少し短期間にコンテンツアフィリエイトから継続収入を得る方法はないのでしょうか?

それには、アフィリエイトの商材を検討する必要があります。

リピート商材を紹介したユーザーが、次回からリピートしたとして、そのリピートからも収入も得られるような仕組みがあれば、アフィリエイターの収入も継続して安定するわけです。

それこそ、コンテンツアフィリエイトにより得られる収入が雪だるまのように増えていくイメージになり、アフィリエイトで生計を立てるスピードが速くなります。

そんな都合のよいアフィリエイト商材があるのか疑問に思うと思いますが、ビジネスモデルの進化も非常に早いスピードで推移しています。実は、そんな都合の良いアフィリエイト商材を扱う新時代のアフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)があります。

このASPでは、会員制ビジネス、レンタルサーバ、ウォーターサーバー、英会話教室など継続売上が得られる商材を扱っており、これらの商材をアフィリエイトすることで「アフィリエイターにも継続収入」がもたらされるように設計されています。

このASPに無料登録し、コンテンツアフィリエイトの手法で紹介を行なうことで継続収入がもたらされるチャンスになります。

今すぐ登録をして下さい。一緒にコンテンツアフィリエイトに取り組みましょう!

↓↓↓登録はこちら

ライフタイムコミッション

コンテンツアフィリエイトの秘訣は時間を味方につけること

コンテンツアフィリエイトという言葉は聞き慣れないと思いますが、最近のアフィリエイトはコンテンツ重視の流れがあるために名づけたアフィリエイトの手法です。

アフィリエイト手法の種類

アフィリエイトには様々な手法があります。

例えば、メルマガアフィリエイト、PPCアフィリエイト、サイトアフィリエイト、ブログアフィリエイト、など。

私は、この中でも今後収益を確保していけるのは、ブログアフィリエイトだと思っています。

なぜならブログアフィリエイトはコスト0円で実現できるアフィリエイト手法だからです。

メルマガアフィリエイト

メルマガアフィリエイトは、メルマガ読者数が命です。メルマガの読者を増やすにはサイトやブログで地道に増やす。リストを購入する。無料レポートサイトなどで無料レポートと引き換えに手に入れる。などの方法があります。

メルマガ読者が多ければ多いほどアフィリエイトでの収益率は上がります。コンテンツアフィリエイト

私もメルマガで相当儲けたことがありますし、今もメルマガは継続しています。

ところが、メルマガ読者の獲得コストが急騰しています。

1アドレス=2000円~3000円ほどかかるようになっています。

メルマガの黎明期には無料で1000~2000アドレス獲得が可能でしたが、今は昔。

コストをかけずに無料で地道に読者を集めるのに1000アドレスだと数年かかることでしょう。

ユーザーもなかなかメルマガ登録をしてくれなくもなっています。

読者獲得コストが多ければ、よほど利益率の高いアフィリエイト商材でなければ利益は出ません。

利益率の高いアフィリエイト商材だと煽り売りや無理強いなどが生じてしまう危険性があります。

メルマガは読者の手元へ届く最強ツールですが、新しいリストを手に入れることが敷居が高くなってしまっていて、コストもかかり過ぎるため、労力やかけた経費の割には収益を上げることが難しくなっています。

ただ、メルマガという手法を使いながらも、メルマガのコンテンツを充実させることは信頼につながる為、必要なことです。

ここでもコンテンツは重要ですね。

PPCアフィリエイト

コンテンツアフィリエイトPPCアフィリエイトとは、検索連動型広告などの有料広告のことで広告費とアフィリエイト報酬とのバランスで収益を得る手法です。

広告を出稿することでアクセスを集め、報酬を得ることができるので気軽に収益を得られる方法でしたが、広告費の高騰により、報酬と広告費が逆転することで収益が得にくい手法になりました。

メルマガアフィリエイトやPPCアフィリエイトは双方とも収益率の高い情報商材アフィリエイトで効果を発揮していましたが、その扇動的な手法により広告規制も厳しくなり、収益につながりにくくなっています。

サイトアフィリエイトとブログアフィリエイト

サイトアフィリエイトとブログアフィリエイトは似て非なる手法ですが、要するにサイトやブログへアクセスを集め、そこに貼ったアフィリエイト広告での収益を確保する方法です。コンテンツアフィリエイト

サイトを作成し、SEO対策を行い、検索上位表示からアクセスを集め、サイトでアフィリエイト収入を確保する。こんな手法がサイトアフィリエイトのメイン手法でした。

ところが、グーグルのアルゴリズム変更により、サイトを作成しっぱなしだと検索上位から降下する危険性が出て来ました。

おまけにコンテンツ中心ではなく、アフィリエイト広告を中心としたサイトの量産で成り立っていたサイトアフィリエイトの手法はグーグルから嫌われ、もはや青息吐息の手法になってしまっています。

一方のブログアフィリエイトは、記事というコンテンツが中心となり構築されるものであるため、これからも今後も非常に有望な手法となり得ます。

ブログの中でも特にワードプレスを使って記事を投稿し続けると様々なキーワードからアクセスが流入するように設計されています。つまり、ブログアフィリエイトは検索エンジンと相性がいいわけです。

ブログ記事を投稿し続け、有益なコンテンツを作成し続ける。ネット上にユーザーに役立つ情報が増え続けることをグーグルも推奨しています。

すなわちコンテンツアフィリエイトという概念はグーグルも好きであり、コスト0円でアクセスも集まる手法で収益の確保もできていくわけです。

コンテンツアフィリエイトは、下手にSEO対策に気を取られることなく、良質なコンテンツ作りに集中することが重要です。

コンテンツアフィリエイトの秘訣

コンテンツアフィリエイトは、手っ取り早い儲け話ではありません。コンテンツアフィリエイト

コツコツとコンテンツを投稿し続ける、すなわち時間をかける必要がある手法です。

何かの本で読んだのですが、著者は「時間=レバレッジ」と言っていました。

私は早く成功したくて時間の力を軽視していたところがあります。

焦って仕事に対してすぐに結果を求めたりしていました。

実際にすぐに結果が出たこともあったので、惑わされました。

すぐに結果が出ることは、すぐに崩壊する危険性もありました。

コンテンツアフィリエイトは、「時間をレバレッジ」としてとらえることが大事です。

つまり、記事の投稿は、自分のライフワークぐらいの意識で取り組み、毎日コツコツとした積み重ね、これが大事です。

毎日コツコツとコンテンツの作成を積み重ねることが、ゆくゆくは大きな成果として必ず成就します。

イチローも言ってました。

毎日のルーチンワークが大事で、それを積み重ねていたら、いつの間にか遠くまで来ていたと。

時間のレバレッジが効いた瞬間です。

そう思ったら年を取ることは怖くありません。

毎日を真剣に積み重ねれば、時間が経てば経つほど大きな成果になるはずですから。

コンテンツアフィリエイトは、時間を味方につけること。これに勝る戦略はありません。