個人メディア

個人メディアを始めるべき3つの理由

Pocket

個人メディア革命

インターネットの登場以来、私がずっと感じて発信し続けてきたこと。

それは、「メディアが個人の手に渡った」という点です。

これは想像を絶するほど、画期的な出来事です。

歴史をひも解くと、どんな国でも、そのほとんどの国で、大多数の声が一握りの権力者によりかき消されて来た、個人埋没の時代が続きました。

民主主義が発展し、権力は民衆の手に渡ったかに思えました。

しかし、第4の権力であるマスメディアが個人を扇動し、ミスリードをするなどにより個人の意見はメディアの力で意図的に形成されるようになりました

そこへ登場したインターネットは、マスメディアも報じない真実や個人の意見が何のフィルターにもかけられずに自由に表現されるようになり、メディアの多様性が広がりました。

個人メディアが数十万人や数百万人に向けて情報発信も可能になったのです。

マスメディアの数千万人にはかないませんが、これは歴史的に見ても非常に革命的な出来事だと私は思っています。

あなたもこの個人メディアの構築を始めるべきだと私は思います。

あなたが個人メディアを始めるべき3つの理由

1 個人メディアはビジネスの助けになる

事業者でもサラリーマンでも個人メディアはビジネスの武器になります。

事業者は個人メディアをビジネスブログという形で始める事で、自身のビジネスのプロモーションが可能になります。

ビジネスブログはテレビCMのように会社の商品やサービス、会社自体の情報発信を行うことで認知度を上げることができます。

ただし、テレビCMのように単に一方的な広告プロモーションで使うのではなく、個人メディアとしてユーザーに有益な情報を発信するビジネスブログでなくてはなりません。

企業が独自でそのような個人メディア(ここでは企業が運営していても個人メディアと便宜上区分しています)を構築し、ユーザーとのコミュニケーションツールとして育てる事ができれば、メディアとしての影響力が高まります。

個人メディアを育てることができれば、自身で告知ができるため、他のメディア広告が不要となったり、逆に広告出稿を受けることもできるようになり、企業経営に不可欠な複数の収入源を確保することが可能になります。

一方、サラリーマンにとっても個人メディアを始めて育てることができれば、メリットがいくつも得られます。

工業社会から情報社会になり、サラリーマンでも働き方がますます変化していく時代に突入していきます。

残業代ゼロ法案が話題になりましたが、私はホワイトカラーの1億総専門家時代が来ると感じています。

会社がいい意味で専門家集団となれば、別に、一堂に会して仕事をする必要もなく、PCネットワークを使った在宅勤務も増えてくることでしょう。

そうであれば、専門分野の確立がサラリーマンにとって必須となります。

そこで、自分が専門にしたい分野、得意分野、これまでスキルやノウハウを培ってきた分野についての個人メディアを運営することは、その分野についての専門性をますます高め、ユーザーからも専門家として認知されることになるでしょう。

つまり、個人メディアを運営することで、サラリーマンは会社に依存しない自立した個人として確立ができ、そんな個人が増える事で日本は国としても発展していくことでしょう。

2 個人メディアは、資産になる

個人でも数十万人単位のメディアに育てる事は可能な時代になりました。

例えばブログ。

ブログは2004年頃に簡易的にホームページの運営ができる日記メディアという触れ込みで登場しました。

私には日記メディアというコンセプトがピンと来なくて、また無料ブログのデザインが気に入らなくて、それほど真剣にとらえていませんでした。

当時、私の中では「個人メディアはメルマガが一番」だったのです。

ところがブログのチャンスを真剣にとらえた人たちは、この10年間せっせとブログによる個人メディアの運営を継続し、PVが数十万、数百万という化け物ブログに成長させ、ブログからの広告収入を本業に生活している人が増えています。

「後悔先に立たず」そんな言葉が頭をよぎりましたが、遅ればせながら私も始めました。ブログ。

個人メディアとして注目していたメルマガは、この10年で登録数は伸び悩み、配信のたびに大量のエラーを出し、実質的には読者減で、メディア効果もいまひとつ。

正直メールアドレスを頻繁に変更する人がこんなに多いとは予想していませんでした。

おまけにメルマガは告知に即効性があるのがいい点ですが、継続性がなく、発行を怠ると読者との信頼関係が薄れ、メディア効果は激減します。

その点、メルマガみたいな即効性はありませんが、ブログは多少サボっても検索からアクセスを運んで来ますし、コツコツ継続すれば、私のブログも運営開始から1年近くで20000PVを超えるなど、積み上げ型の成果が実感できます。

youtubeなどもyoutube バブルが崩壊した模様ではありますが、個人メディアとして活用するプロyoutuberなどは、チャンネル登録者がやはり数十万人や数百万人規模もあり、その影響力はマスメディアであるテレビ界にまで及んでいます。

どのメディアを選ぶにしても、ネットが個人メディアとして有望であり、資産として形成されていくことが理解できるかと思います。

これから5年、10年先を見据えたら、果てしない可能性を秘めた個人メディアを始めるには遅すぎる事は決してなく、真剣にとらえたものが最後に笑うと感じています。

3 個人メディアはとにかく楽しい

私もブログを書くようになって、毎日のネタの捻出に困っていた時期がありましたが、この段階を超えると、書くのがとても楽しくなりました。

これも書きたい、こういう事も伝えたい。

そんな思いがたくさん湧いてくるようになり、まるで「ブログ脳」が形成されて来たようです。

個人メディアブログなど個人メディアの報酬は、何もお金だけではありません。

広告費が手に入るのは最大のメリットですが、その他にもアクセス数が伸びる=投稿した記事を読んでくれる人がいる。コメントをくれる。「いいね」をしてくれる。など、社会的な「承認」という報酬も大きいと感じます。

無料ブログを趣味で長年運営されている方などは、こうした報酬を受け取ることが喜びなんでしょうね。

社会的な「承認」以外にも個人メディア運営のメリットはあります。

ブログ脳の例のように、いろいろな物事や出来事に対する感性が研ぎ澄まされる。

運営のノウハウをつかむことでスキルアップになる。

これらお金以外の目に見えない報酬が、個人メディアを楽しくし、続ける力にもなります。

ただし、個人メディアが生活の一部になるには、一定の期間をすぎないと起こらないかもしれません。

ここが継続と辞めてしまうとの分かれ道なので、そんな壁に当たった方は当ブログを思い出してほしいと思います。

▼ちょっぴり宣伝
個人メディアに最適なワードプレスでブログを今すぐ開始しましょう!

資産形成を始めるのは、早ければ早いほどいいと思いますよ。

Pocket

投稿者:

majikomi

まじコミュニケーションズは成果がなければ報酬が発生しないネット集客コンサルティング、SEO対策サービスを行なっています。 またデザインが気に入らなければ全額返金のちゃんと集客できるホームページ制作サービスを提供しています。

コメントを残す