グーグル検索順位|パンダアップデート

グーグル検索順位が好結果。ワードプレスは最強のSEOツール。

Pocket

最近、あなたのサイトのグーグル検索順位に変動はありませんか?

というのは、グーグルがパンダアップデートを行ったと発表した為です。

グーグル検索順位|パンダアップデート

米Google、新しいパンダアップデートの導入発表(2014年9月26日)

米Google は2014年9月26日、パンダアップデートを開始した。同社英国法人のPierre Far氏(Webmaster Trends Analyst)が Google+ への投稿で明らかにした。来週には完全にアップデートが完了する。

今年3月の予告通り、コンテンツ品質をより適切に判断するための新しいシグナル(手がかり)を追加することで、優れたコンテンツを保有しつつも従来は評価されづらかった可能性がある、中小規模のサイトが恩恵を受ける可能性があると述べている。今回のアップデートによる検索への影響は地域や言語によるが、おおよそ3%から5%。(ASCII.jpより引用)

パンダアップデートとは、グーグル検索順位から、質の悪いサイトを追い出す目的で行われるグーグル検索アルゴリズム(カンタンに言うと検索順位のランキング付けを行うプログラム)の変更のことです。

品質がいいか、悪いか、白黒ハッキリつけるという意味でパンダアップデートと呼ぶようです。

グーグルによるパンダアップデートの対象になる品質の悪いサイトの判断は、以下の通りと明確にされています。

・自動的に生成されたコンテンツ

・誘導ページ

・無断複製されたコンテンツ

・アフィリエイトプログラム

これら品質の悪いサイトの詳細は、グーグルの品質に関するガイドラインをご参照下さい。

要はホームページ自動生成ソフトウェアなどを使わずに、コンテンツの無断複製などせずに、コツコツとオリジナル記事を書くことが品質の良いサイトと判断されるということになります。

「無断複製されたコンテンツ」のサイトとは、最近まだまだ見かける、いわゆるまとめサイトの事になります。

オリジナル記事を真面目にコツコツと投稿しているサイトから、引用した記事ばかりで構成されるまとめサイトの方が、検索上位に来ていたりした、これまでのグーグルアルゴリズムを変更することで、オリジナル記事のサイトを優遇しようとするのがグーグルパンダアップデートの意図です。

まとめサイトよりオリジナルサイトを上位にする。

そうでなければ、グーグルの検索自体に疑義が出る為に行われるわけで、言わば、ユーザーに役に立つ情報が掲載された真面目なサイトが勝つ時代に、どんどんなっているのです。

ところで、グーグルが指摘している品質の悪いサイトの中で、気になるのがアフィリエイトプログラム。

これだけ聞くとアフィリエイトサイトは総じて品質の評価が低いのかと思ってしまいますが、そうではありません。

グーグルが指摘する質の悪いアフィリエイトプログラムのサイトとは、「アフィリエイト広告だけをベタベタ貼り付けただけのサイト」の事になります。

アフィリエイト広告の宣伝を行う上で広告主が用意している広告のタイトルや説明文を羅列しただけのサイトの事です。

テレビのCMもカットする人が多いように、ユーザーにとって役に立つコンテンツがまるでない広告だらけのサイトは、アクセスするユーザーにとっては迷惑なだけのサイトなので、グーグルも検索上位から締め出そうとしているわけです。

アフィリエイトプログラムでもしっかりとコンテンツを充実させるコンテンツアフィリエイトのサイトが検索順位を上げる為の最適な方法です。

グーグル検索順位

グーグル検索順位が逆に上昇。やっぱりワードプレスは最適なSEOツール

先の記事で、「来週には完全にアップデートが完了する。」としていますが、既に時が過ぎ、アップデートが完了していると思われます。

そこで私が運営する複数のサイトがどうなっているのか確認をしたところ、逆に順位が軒並み上昇していました。

グーグル検索順位に一喜一憂する日々からの開放で、2014年5月に立ち上げたサイトが狙っていたキーワードで圏外に飛ばされ、がっかりするもロングテールキーワードからのアクセス流入が支えになっているという記事を書きました。

このサイト、実は今回のパンダアップデートで、一気に2位にジャンプアップしていたのです。

月間6000件~8000件ほど検索されているキーワードで2位まで来ましたので、アクセスも一気に増えました。

グーグル検索順位に一喜一憂をしないと言いながら、やっぱりこれはものすごく嬉しいですね。

いまだに被リンク数にこだわっている人もおられますが、このサイトへの被リンクは2~3個だけ。

サテライトサイトからの被リンク供給は全く行っていません。

内部キーワード対策をしっかりと行い、とにかく記事をアップしてページ数を増やしただけ。

ホームページはもちろんワードプレスで制作しています。

こうなるとワードプレスは最強のSEOツールと言えるかもしれません。

グーグルの検索エンジンはますます進化し、パンダアップデートも頻繁に行われ、今後ますます、こうしたコンテンツSEOの重要性が高まることと思います。

今すぐワードプレスホームページで、いわゆるワードプレスSEOを実践しましょう!
 

Pocket

投稿者:

majikomi

まじコミュニケーションズは成果がなければ報酬が発生しないネット集客コンサルティング、SEO対策サービスを行なっています。 またデザインが気に入らなければ全額返金のちゃんと集客できるホームページ制作サービスを提供しています。

コメントを残す