Pocket

コンテンツSEOの時代がやって来ました!

グーグルがアルゴリズムを変更して以来、SEOの主役は被リンクからコンテンツに移行しています。

既に気がついている人たちのホームページやブログがかなり充実してきています。コンテンツSEO

特に私の同業者たち、集客のコンサルタントたちは相当早くから取り組んでいるようです。

そして、彼らのホームページやブログが様々なキーワードで上位を占め始めています。

今すぐコンテンツSEOに取り組むべきです。

ただ、コンテンツSEOの時代と言われても、どんなテーマで記事を書いたらいいのか?どんなコンテンツを作成したらいいのか?

迷える子羊になっている方たちも多いかと思います。

この記事ではコンテンツSEO時代のコンテンツの作り方をお伝えしたいと思います。

ネタ切れに困らずにテーマを探す方法

コンテンツSEOで検索上位からのアクセスの流入を期待するなら、毎日記事を投稿することが重要になります。

コンテンツSEO記事数は多ければ多いほど、ロングテールキーワードでの露出が増え、複数キーワードからのアクセスの流入が期待できるためです。

自分のホームページへの入り口がどんどん増えるイメージです。

ただ、毎日記事を書くとなると、どんなテーマで記事を書いたらいいのか?テーマのネタ切れで困ることがあるかもしれません。

そんな時にいつも原点に帰ってほしいのがグーグルの以下の言葉です。

「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」

そう、どんなテーマで記事を書くのか?はユーザーに焦点をしぼれば見えてきます。

その答えは「ユーザーが求めているテーマ」についての記事を書くべきなのです。

「ユーザーが求めているテーマ」は、グーグルが答えを持っています。

すなわち、それは「ユーザーが検索しているキーワード」に即したテーマが、=「ユーザーが求めているテーマ」となり得ることでしょう。

ユーザーが検索しているキーワードの探し方

ユーザーがどんなキーワードで、どれぐらいのボリュームで検索をしているのか?

そんな情報を提供してくれるツールがあります。

ご存知の方も多いかと思いますが、グーグルキーワードプランナーです。

キーワードプランナーは、グーグルアドワーズ広告の運用ツールとして運用されています。

その為、キーワードプランナーの利用には、グーグルアドワーズへの登録が必要になります。

グーグルアドワーズは、グーグル検索結果やグーグルのパートナーサイトへ有料広告を出稿できるサービスなのですが、有料広告を出さなくても、アドワーズへは無料登録ができます。

グーグルアドワーズへの登録(アカウント作成)方法

グーグルアドワーズへアクセスします。

画面右上にある「今すぐ開始」の赤いボタンをクリックします。コンテンツSEO

※既にグーグルアカウントをお持ちの方は、同じアカウントでアドワーズへの登録が可能です。

▼アドワーズアカウント作成方法は、こちらをご参照下さい。

キーワードプランナーの使い方

アドワーズへの登録が完了したら、アドワーズにログインし、上部ツールバーから「運用ツール」-「キーワードプランナー」を選択します。キーワードプランナー

※キーワードプランナーへは下記リンクへ直接アクセスも可能です。アドワーズのアカウントでログインします。
https://adwords.google.co.jp/KeywordPlanner

すると、キーワードプランナーの画面が表示されます。

キーワードプランナー「オプションを選択してください」の「▼新しいキーワードと広告グループの候補を検索」をクリックします。

すると「▼新しいキーワードと広告グループの候補を検索」ダイアログボックスが表示されます。こちらの「1つ以上の項目を指定してください」の検索窓に検索したいキーワードを入力します。

キーワード入力後、「候補を表示」ボタンをクリックします。

例:「ネット集客」

 

キーワードプランナーキーワードの候補が表示されます。

初期設定では「広告グループ候補」のリストが表示されています。
「キーワード候補」タブをクリックしますと、キーワード「ネット集客」での月間平均検索ボリュームが表示されます。キーワードプランナー4

 

「ネット集客」では月間に590回の検索数があったことになります。(2014年6月16日現在)

下の方には関連キーワードの検索数が表示されます。

こちらの関連キーワードを元にコンテンツのテーマを決めればいいわけです。

例えば、「ネットショップ集客」であったり、「不動産集客方法」「フェイスブック集客」というキーワードは少なくても検索されているキーワードだと判断できます。

こうした検索されているキーワード=ユーザーが知りたいキーワードとなりますので、こうした検索キーワードに基づいたコンテンツテーマに基づき記事を書くのです。

同じ「ネット集客」がテーマでも、よりユーザーが知りたいテーマとして掘り下げることができますし、こうした関連キーワードを検索しながらテーマを決めると、ネタに困ることもなくなっていきます。

是非、お試し頂ければと思います。

ユーザーが検索しているキーワードのもっとカンタンな方法

キーワードプランナーを使えば、およその月間検索数がわかり、細かな数字を見ながらのテーマ設定ができますが、キーワードプランナーを使わず、もっとカンタンにキーワードを探す方法があります。

例えばグーグルの検索窓に「ネット集客」と入力してみましょう。

検索結果画面の上部、及び下部に以下のように関連キーワードが表示されます。コンテンツSEO

ココに表示されているキーワードは、検索したキーワードの関連キーワードの中でも比較的多く検索されているキーワードとなっています。

具体的な検索数はわからなくても、目安としてココに表示されている関連キーワードをテーマとして記事を書けば、コンテンツSEOの目的は達成されると思います。

今日はコンテンツSEO時代のコンテンツ作成方法で、ユーザーの検索ニーズからテーマを決め、ネタ切れすることなく記事を作成し続ける方法をお伝えしました。

Pocket