Pocket

コンテンツSEOにより確実に業績が上がる時代がやって来ました!

このブログで何度もお伝えしている通り、グーグルのアルゴリズムの変更から多くのゴミサイトが私達の目の前から消え去りました。

もはや悪質なサイトは、グーグルの監視の目から逃れられなくなりました。

良質のコンテンツを作り続けることに躊躇している時ではなくなりました。

良質のコンテンツ作りは、最も効果の高いSEO対策になりました。

コンテンツseoで業績を上げている業界はまだ少ない方です。

あなたの業界でナンバーワンになれるチャンスかもしれません。

今すぐ良質のコンテンツ作りによるSEO対策を行い、業績を上げましょう。

コンテンツSEOで業績アップ

コンテンツSEOはユーザーにとって有益

もし、あなたがビジネスにおいてユーザーの利益の事を真剣に考えているならば、コンテンツSEOはユーザーに利益をもたらすものである事を腹に落とす必要があります。

ビジネスとは究極にはユーザーの不便を解消したり、悩みに解決をあたえるもの。

このニーズを満たす商品やサービスの提供ができれば、ビジネスはうまく行くはずです。

ネットにおいても同様のこと。

ユーザーの不便を解消したり、悩みに解決を与えられるようなコンテンツを提供できれば、ユーザーに喜ばれることは間違いありません。

グーグルはそのようなコンテンツを良質と判断し、そのようなコンテンツを提供しているサイトを検索上位に表示させようと日夜努力しています。

つまり、良質のコンテンツの配信はユーザーが喜び、小細工なしにグーグルが上位表示しようとしてくれるわけで、コンテンツSEOにおいて重要な戦略は、ひたすら良質のコンテンツを提供し続ける他に勝るものがないのです。

もし、こうした事実を無視してグーグルを欺くようなブラックハットSEOをまだ続けるとしたら、それは、ユーザーの利便を無視するものとして、例え、検索上位に表示されていたとしても、逆にユーザーの信頼を失う行為として記憶されるでしょう。

ユーザーの支持を失ったサイトは、グーグルもほっておくことはありません。

いずれかのうちに、グーグルの強化された検索ロボットによって発見され、あるいは手動検索によって見つけられ、ペナルティを受け、ゴミサイトとして検索から抹殺されることでしょう。

小細工なしに良質のコンテンツを継続して作り続ける事のみを考えましょう。

それがコンテンツSEOの王道の手法だと気がついた人が最後に笑う事になるでしょう。

コンテンツSEOはロングテールキーワードからの流入で業績アップ

コンテンツSEOは、特定のキーワードでの上位表示をひたすら狙う従来のSEOとは違い、ロングテールキーワードでのナチュラルSEOによる上位表示により、多数のキーワードからの流入を図るものです。

私が運営するサイトでは、今のところ月間2315ものキーワードからのアクセス流入があります。

これらキーワードは狙ったものもありますが、大多数が良質のコンテンツを心がけて記事投稿をした結果、想像もつかない思わぬキーワードで検索されたものになります。

これらロングテールキーワードからのアクセス流入は、「チリも積もれば山となる」ことわざの通り、積み重なれば膨大なアクセスを生むことになります。

良質なコンテンツを継続して作成し続ける事は、ロングテールキーワードの検索数を増やし、ネット上へ自らのサイトへの新規ユーザーの流入の入り口を作り続ける事になります。

良質なコンテンツを継続して作成し続ける事は、リピーターの再アクセスを促すことでPVの底上げを図ることができます。

コンテンツSEOで業績アップを目指すには、何よりも良質のコンテンツ作りが最優先である所以です。

悪あがきは辞めて、良質のコンテンツの継続した投入を行いましょう。

ユーザーとグーグルが喜ぶコンテンツにあふれたサイトにすることで、業績アップは約束されたものです。

コンテンツSEOを実践して業績アップを図るには、ワードプレスの活用は欠かせません。

Pocket