店舗の集客方法は大企業に学べ!

Pocket

店舗の集客方法を模索されている方に提案があります。

それは大企業のやり方に学ぶことです。

店舗型のビジネスにおいては、大企業も最初はたった1店舗からスタートしています。

たった1店舗から、集客や顧客の定着というところで様々な試みをして店舗を複数展開するようになり、大きなビジネスになっていると思われます。

それならば、大企業が今どんなことをしているのか?

これを知ることで、大企業の企業戦略とまでたいそうな部分ではなく、大企業のノウハウの一環を知ることができるかと思います。

店舗集客方法が透けて見える大企業の店舗

大企業の店舗集客方法を学ぶには、運営する店舗にお客として出かけることです。

最近来店した大企業の店舗はモスバーガーと銀たこ。

この来店時にお客として感じたことを書きたいと思います。

モスバーガーの宜野湾野嵩店に行きました。

普天間基地の近く、宜野湾市役所の裏にあります。

モスバーガー宜野湾店

 

入店前に目に入ったのが、おしゃれな店舗。

マクドナルドなど他のハンバーガーチェーンは、店舗の統一感がありすぎるほどあるのですが、モスバーガーは店舗により異なるイメージです。

モスバーガー宜野湾野嵩店は、とても清潔感があり、おしゃれなイメージの中に、手作り感のある看板が設置されていました。

モスバーガー宜野湾野嵩店

 

この看板は木の板に黒いウレタンを貼り付けているのですが、ウレタンに油性のマジックで手書きし、溶けた部分がまるで彫刻をしたような感じになっていました。

単なる手書きだけでなく、アートな感じも受けるほどの出来でした。

こうした看板は小さな店でもすぐに真似できることでしょう。

モスバーガーは久しぶりに行きましたが、やっぱりハンバーガーが美味しい。

モスバーガー宜野湾野嵩店

モスバーガー宜野湾野嵩店

店舗の中もすごく清潔感がありますね。

どこかの世界的なハンバーガーチェーンは、テーブルが汚れたままであったり、店舗によっては清潔感がない空間があります。

店舗内の清掃は大きなお店であれ、小さなお店は必須ですね。

ところで、モスのメニュー、「朝モス」とかモスって言葉が着くと、どうもボビーオロゴンに言われているような気がするのは僕だけ?

そんなことより、モスのテーブルに置いてあったのが、「ネット注文」のリーフレット。

モスバーガー宜野湾野嵩店

ネットで注文しておいて店舗で受け取れるという仕組みのようです。

注文できるけれども、会員登録が必要。

これはまさにお客様の囲い込み戦略。

メールリストを確保する手段なのでしょう。

会員登録し、ネット注文したらメールマガジンなどが送られてくるのではないかと思われます。

過去にこのブログでも顧客囲い込み戦略の記事を書きましたが、大手店舗でもやっている戦略を小さなお店も取り入れるべきだと思います。

ネット注文はともかく、お客様が来店していただいたら必ずお名前や連絡先を取得する仕組みを導入すべきです。

イオンモールライカムに出店している店舗の囲い込み戦略

イオンモールライカムのオープン以来、何度も足を運びました。

地元の人に混じって白人、黒人、東洋人と、人種の坩堝のようなスポットで、人間ウォッチングをしていても楽しく飽きないスポットになっています。

ここには沖縄初出店のお店が数多くあります。

本土で成功しているチェーン店ばかりなので、どのお店もやはり顧客囲い込み戦略をとっています。

まずは、たこ焼きチェーンの銀だこ。

銀だこにもポイントカードがあり、裏には携帯メール会員登録の案内があります。

銀だこポイントカード  銀だこメルマガ会員

私は長いこと大阪に住んでいましたが、たこ焼き屋でスタンプカードやメール会員は初めて見ました。

やっぱりそれだけで大手になるお店は違うなと思います。

町のたこ焼き屋でも固定客の確保は死活問題になるのでしょう。

次に「ビアードパパの作りたて工房」。

シュークリーム屋さんですね。

ビアードパパ  ビアードパパ

ここは携帯メール会員ではありませんが、顧客の声をスマホのアンケートで取得しようとしています。

その上、やっぱりポイントカードが配布されています。

このように、大手チェーン店は、メルマガ会員制度やポイントカードなどで顧客の囲い込みに必死です。

小さなお店がこれらの戦略をとらずに、運任せで顧客を待っているだけの経営をしていることには驚きます。

今すぐ顧客の囲い込みをスタートさせるべきだと思います。

Pocket

コメントを残す